2004年11月07日

いまいち不調

朝、スポーツ新聞の競輪欄を見て「何?」と。
函館決勝戦、金山栄治の後ろ混戦と思いきや番手戦に名乗りを上げる選手はいないらしい。
どいつも根性ねえなと思いながら、岩見潤の優勝を確信する。

10R、昨日まるで駄目だった岩津裕介。
今日は、昨日の俺の声が届いたかの様に、番手取りきって、捲ってくる木村貴宏を止め直線一気追い込むという大技で1着に。
やれば出来るじゃないか!
しかし今日は買ってない。なんで昨日やらないんだバカ!

決勝は前受け竹内智彦を打鐘で金山が叩く、ホームで田川辰二がカマシか追い上げか、よくわからん中途半端な仕掛けで不発。
番手有利に抜け出した岩見1着、隊列短くなった所を捲り追い込んできた竹内に乗る松井2着。竹内3着。

岩見から厚めに買うも東北へは流さず外れ。
なんか調子悪い。

夜は川崎決勝。
栗田、藤田ラインを押すも、ぎりぎりになって、単騎の金古が気になる。
藤田、金古から数点流す。
打鐘から2車で出て行く山本をすかさず強引に叩く栗田!と、まさかの藤田ぶっ千切れ!
番手に山本ハマってさあ大変!思わず「んがぁ〜」と頭抱える。
3角山本捲ろうとするも車が出て行かない。空いた内から渡辺、藤田が抜け出す。
直線意地の追い込みで、かろうじて藤田が優勝。
2着渡辺に3着はどこから来たのか金古が。
「痛たたたぁ〜」気絶しそうだ。
今日のこの展開はまるで考えてなかった。初日の様に栗田が捲る展開は考えていたのに…まだまだ甘い。

千切れたとは言え、地元の意地を見せた藤田おめでとう!
そして、豪快に駆けた栗田!その調子でがんばれ!

そして俺もがんばれ…

trackbacks

trackbackURL: