2004年11月19日

調子こきまくり

昨日の20万車券に味をしめ、今日も小倉、四日市ナイター参戦。
ちょっと遊ぶかと調子にのって打つ。
ろくに考えないで高配当ばかり狙う。
もちろん何点買っても当る訳がない。
8Rぐらいで、ふと我に帰り反省し、最終レースのみに絞る。

小倉は、予想してた並びと違ったが、野田からの狙いのまま勝負する。
気になるのは昨日儲かった四日市決勝。
地乗りで並び確認して真剣に考える。

中部勢に目標が無いが、先頭の鈴木は、昨日、目標不発も番手切り込み見事な捌きを見せていた。
こりゃぁ今日も行くな。

主導権取るのは間違いなく群馬の新人宮内、番手は同県佐藤、3番手に6番車の浅野がつける。
狙うなら浅野の位置で、3番手から捲り追い込みか?

金成は中途半端なレースするので、まずいらない。
恐いのはその後ろの安部。

良い感じに展開が読めてくる!
佐藤、鈴木の折り返し中心に気になる選手を絡める。

レースは、鈴木が宮内の番手取りきり、佐藤勝、佐藤嘉と続くも、最終1C、何故か鈴木が落車。
内に包まれていた金成が3番手に抜け出し、そこから捲り、タナボタ優勝。

絶好の展開でこけてくれた、鈴木。
金返してくれ。

競輪の恐さを改めて知った1日でした。

trackbacks

trackbackURL: