2004年11月29日

岸和田記念二日目

初日の流れと違い、逃げた選手が連に絡む。
1Rからテレビつけるも、選手の調子が掴みににくく、買う気が起こらない。結局、狙った10R、11Rのみ。

10Rは大体予想通りだったが、もう少し早めに決着がつくと思っていた。
そして、鈴木の伸びが悪いのには驚いた。
交わすどころか、車間もたいして詰まっていない。
タイム良いが、残りの2日狙いずらくなった。

11R、狙った村本の大チョンボで撃沈。
3角入口、捲ってくる渡部に合わせて牽制というより、先捲りしようとして止めた感じの村本。
大きくインを開けてしまい古原が突っ込み、番手の十文字まで飛ばされた。
あんなノータリン狙って買った自分も情けないが、あんな競走無いだろ?
普通に3番手固めてれば直線勝負すれば良いものを...

trackbacks

trackbackURL: