2005年04月30日

湘南ダービー開幕!

「平塚競輪場」
ここは、17年前私が初めて行った競輪場。
あの頃と比べるとすっかり様変わりして、綺麗で明るい競輪場になっている。

まだあるのだろうか、このサイトの名前にも使ってる『銀輪』という名の食堂。

バック側、秘密の階段を上がって行く『四特』

平塚駅の北口、ファーストキッチンの隣にある『柴善』とか言う?朝6時くらいから始まる焼き鳥屋。

平塚の街も懐かしい。

久しく行ってないけど、たまには行ってみるかな。

2005年04月29日

出ました百万車券!松戸国際競輪決勝

打鐘から仕掛けてくるテオボスを永井清史が合わせて突っ張り先行。
ホームで番手の高城信雄がボスを牽制した煽りでブルバ、ウォルフ、山田幸二が落車。
好回転の永井を誰も捲れず、番手の高城抜け出すも1着失格。
永井、小磯知也、ボスで1,226,390円の100万車券に。

それにしても簡単にこけた外国人。
国際競輪で横の動きがないのは、これだから?
誰か強烈なブロックやらないかと期待してたんだけど、こんなに簡単に落ちちゃうと恐いね。

2005年04月28日

ボス強し。

昨日から国際競輪第2ステージが始まった。
奈良で走ったメンバーが松戸を走っているが、この3人が強烈に強い。
特にテオボスの今日の走りは尋常じゃない。
打鐘から先行してホームで叩いてくる浦山一栄を突っ張り、豪快に捲り切った永井清史をゴール前抜き返すという力技。
正直、驚きましたよ。
日本人6人で結束でもしなけりゃ、明日の決勝も厳しいかもなぁ。

2005年04月26日

佐藤慎太郎たなボタ優勝!ふるダビ武雄・最終日

小野俊之の直感が当ったのか?それとも公の場でマーク宣言する事によりそうさせたのか?
新田康仁も欲に目がくらんで叩けず、一番駆けそうにない三宅伸が先行した。
好調市田の捲りを小野がブロック、落車させ1着失格。
切り替えながら走ってた佐藤がインから合志正臣を飛ばし2着入線も繰り上がり優勝。
期待してた番手戦も無く、落車に失格と、非常に後味の悪い決勝だった。

決勝以外も10Rの順位決定で、荒井崇弘と伏見俊昭が2日目同様に位置に拘り、これまた落車に失格。
この2人もバカだが、ゴール前1着を確信した児玉広志が踏むのをやめて、目一杯踏んできた大園宏に交わされた。
逃げる金山栄治を残そうとしたんだろうが、ファンから見れば手抜き以外何物でもない。
最終日をこんな酷い競走で終わらせるとは。

最近、人気になってる先行選手の位置取りで縺れる事が多い。
相手より良い位置から仕掛けたい気持ちはわかるが、それを主張する事で負けても良いと思ってるのが腹が立つ。

手抜き、意地の張り合い、もうたくさんです。

2005年04月25日

ふるさとダービー武雄・三日目

11R、地元荒井崇弘、惜敗、決勝進出ならず。
好調新田康仁が必殺の捲りで連勝。

インから抜きに行った小野が先着したが、荒井も良いスピードだっただけに、ちょっと可哀想だな。
腐らずに明日は、きっちりと地元で勝利を飾って欲しい。

決勝戦は、新田の先行1車の様相。
インタビューでは、誰も新田の番手へ切り込むとは言わなかったが果たしてどうだろう?
目標の無い、東西屈指のマーク屋達が番手に行かないとは考えにくい。

勝負どころで番手戦になり、隊列短くなった所を市田の捲りが炸裂か。
それを嫌ってマーク屋達が競らなければ、南関で決まるかな。

2005年04月24日

ふるさとダービー武雄・二日目

昨日、特注で取り上げた静岡勢が大活躍。
中川司、渡邉晴智、松江健一、新田康仁の4名が準決進出。

11R武雄温泉楼門賞では、中団取り合う人気の伏見俊昭、荒井崇弘を尻目に新田康仁がまんまと逃げ切り、付ける渡邉晴智、川口満宏でワンツースリーを決めた。

今日1番の穴男が中川司。
今日は珍しく3番手から空いたインをついて1着に。
後ろに同県の松江がいたからかも知れないが、普段ラインの3番手回る時は、要らない選手。
こいつの魅力は、ノーマークの時の自力1発。
何を隠そう、この男が去年の国際競輪の時期に、外国人と練習して調子が上がったとか言ってたのだ。
去年もポコポコ穴を開けていたが、今日もまたやってくれちゃいました。

2005年04月23日

ふるさとダービー武雄・初日

荒井崇弘、小野俊之等の九州勢が優勢と伝えられてる今回のふるダビだが、如何なものか。
好調なのはわかるが、荒井は、ちょっと力み過ぎのような気がする。
地元戦の気合いが空回りしなければいいけど。

まぁ、九州勢が注目されてるのは大いに結構。
狙いたい選手の人気も下がるし。

今回の特注は、静岡の選手。
この時期、国際競輪参加外国人と練習して強くなる選手が何人かいるから。
人気薄の時の1発はデカイぞ!
それと、引き続き好調な市田佳寿浩、川口満宏も面白い。
明日はこのあたりから狙おう。

川崎の国際競輪、外国勢全員飛びました(笑)
明日は、只のSシ決勝です。

2005年04月22日

やりすぎ新藤

宇都宮、奈良で行われた、国際競輪第1ステージが終了。

宇都宮11R、外国人ラインが主導権、4角からの直線勝負を神山雄一郎が意地の追い込みで嬉しい地元優勝。

奈良11R、初手から外国人ラインに番手戦を挑む地元大井啓世。
海老根恵太が抑えてくると外国人ラインは引き、大井も切り替える。打鐘から海老根主導権、すかさずテオボスもホームから巻き返す。番手森下太志にかなり牽制されるも、ロング捲りで優勝。
2、3着も外国人で決まる。

これで国際競輪第1ステージ、1勝1敗。

そして第1ステージ最後のシリーズが川崎で始まった。
外国人は揃って負けてたが、最終レースでとんでもない事が。
逃げる高橋大作の番手新藤敦が、バックからものすごいスピードで捲ってきた小嶋敬二をブロック、勢い余って上段フェンス近くまで持っていった。
後続の西田雅志が落車し、当然新藤は失格だが、ちょっとやりすぎだ。
小嶋-西田で買ってた客、可哀想。

2005年04月20日

国際競輪

また今年も海外から賞金稼ぎの外国人選手がやって来た。
いくら世界のトップレーサーが来ようが、所詮、観光&出稼ぎに来てるだけ。
テレビ観戦してるのが一番良いかと。

2005年04月19日

西武園記念決勝・武田豊樹華麗なる逃げ切り優勝!

優勝インタビューで、決勝の為に力を温存してたなんて生意気な事言ってましたが、今日の優勝は見事でした。

打鐘から抑え先行、ホームでかましてきた坂上も兵藤の横まで、5番手から捲ってくる吉岡も全然届かない。
武田にはこういう力でねじ伏せる競走で勝ち続けてもらいたい。
初日の様に中途半端な位置の取り合いで何も出来ずに終わるようなレースだけはやめて欲しいものです。

2005年04月17日

西武園記念二日目

昨日挙げた初日好調選手、加藤剛、石渡正也、吉田勇人が2予でも勝ちあがってる。
明日の準決はメンバー強力で厳しいが、でかい穴あける可能性も。

初日特選、山田裕仁に蓋をされ、内からなかなか出れずに敗退した、9R出走の武田豊樹。
打鐘から発進して余裕の逃げ切り。
昨日の競走ではどうなる事かと思ったが、調子は問題なさそう。
只、G1での競走を考えて、位置取りも重視しているらしいから、昨日の様なケースも増えるかも。

10Rは、山田裕仁が逃げる山崎芳仁を6番手から捲って一勝。太田真一の中途半端な仕掛けのおかげで隊列が短くなり、山田には絶好の展開。

11R、打鐘先行吉田敏弘にホームから果敢に巻き返す萩原孝之も1Cで岡部に捌かれアウト。
中四国勢の3番手追走してた吉岡稔真がさっさと切り替え単騎で捲り1着。中バンクを走って来た為、岡部もブロックできず。
どこから来たのか、いつのまにか来てた小倉竜二が2着。3着に岡部。

他地区の選手が付いても果敢に先行した吉田、さすがに岡部も番手捲りは出来なかったようだ。

2005年04月16日

西武園記念初日

今日は見してスピードチャンネルで観戦。
自力型が良く連に絡み、殆どがスジで決まった。
内容良かった選手をピックアップ。
2R打鐘から叩いて逃げ切り加藤剛、似たような感じで4R今村清二も逃げ粘り2着。
3R河津照彦、バック前から捲り発進2着残り、5R石渡正也、6R堤洋もバック前からの捲りで快勝。
8R吉田勇人、近藤幸徳とホームからのもがき合い制し、2着逃げ粘る。
9R吉田敏洋、打鐘過ぎから堂々のマイペース先行で逃げ切り1着、一気に優勝候補に。山口富生の強烈ブロックで失速した岡部芳幸だが3着と引き続き好調キープ。

11R周回中、延々と5番手で併走してたアウト山田裕仁とイン武田豊樹。
結局、最終回1Cまでやりあって共倒れ。
武田が意地になって引かなかったけど、特選でそこまで位置に拘る必要は?
同型へのアピールなのか調子が悪いのか、2日目以降も位置に拘るようだと今開催は危ないな。

2005年04月12日

川崎記念・最終日

気温もぐっと下がった雨の決勝戦
南関勢、関東勢ともに2段駆けの作戦を荒井崇弘、小野俊之の九州コンビがあっさり捲る。

前受け九州勢、赤版上昇の関東勢が打鐘過ぎから先行体勢。
引いた九州勢は5番手、ホームから南関勢が巻き返すも分裂気味、3番手の佐々木龍也は完全に離れる。
バックで先頭に立った海老根の後ろに後閑が切り替え、追ってきた丸山がそのまま捲るもその上を荒井が捲りきる。
追走小野が差しきり優勝、2着は粘った荒井、3着に連携離れて九州に付けた佐々木。

結局、叩き合いを捲っただけのレースでした。

今日は、決勝戦より9Rの方が印象に残りました。
先行する成田和也の番手に村上義弘が嵌り、バックから番手捲り。
その上を8番手から捲った福田智也には驚き。
いくら地元で気合が入ってて好調といえども、この強力なメンバーで、1勝上げるのはかなりのもの。
本人も相当な自信になったはず。
この捲りで味をしめないで、良い先行選手になってもらいたいものです。

2005年04月11日

川崎記念3日目

生憎の雨模様の3日目準決勝。
気合良かった地元若手先行選手のかかりも悪く、揃って敗退。
唯一、佐々木龍也が決勝進出。
明日の南関作戦次第では、地元優勝も?

8R準決Cでは、中田博之が赤版から仕掛け、2段駆けの村上義弘がバックから自力で捲るも、平原康多に乗った小林大介に直線交わされ敗退。
調子うんぬんより、人の後ろ回るなんて自信の無さそうな競走してる村上は重症です。

9R準決B、先行五十嵐力の番手で高谷雅彦が粘る。
五十嵐マイペースで逃げ直線向くが、末甘く3着に沈み、番手守った佐々木が1着。

10R準決A、先行福田知也を5番手から神山雄一郎が捲り発進、合わせて福田番手の丸山啓一も捲るが、直線伸びた後閑信一が1着、神山2着。

11R準決A、抑え先行成田がイン空けた隙にすかさず荒井崇弘が先行。
番手小野俊之1着、2着に単騎で捲り追い込む海老根恵太、3着に荒井。

明日の決勝は、伏見俊昭、村上義弘、市田佳寿浩ら一流所が消えたが、見応えのある決勝戦になりそう。

3日間先行していない海老根が先頭の南関勢、果たして2段駆け成功するか?
佐々木健司まで付いて4車と長い関東勢、これなら小林も先行しそうで、番手回る好調後閑もチャンス。
自力型では出来一番良い荒井の1発も十分。

難解なレースだが、ここは地元佐々木龍也から狙ってみたい。
丸山、後閑とのBOXで。

2005年04月10日

川崎記念2日目

晴天も強風の川崎記念2日目二次予選。
二予Aでは、村上義弘、伏見俊昭が揃って6着に敗れ大波乱。

9R、前受け友定祐己を赤版上昇の村上が抑える。その上を高谷が打鐘で叩き先行。
村上バック4番手から捲るも、強風のせいか出足鈍り、スピードが乗らない。2Cで金子真也のブロックに合い失速し6着に沈む。
村上に乗った濱口高彰が直線抜け出し1着、後方から捲り上げた友定2着、付けた桑原大志が3着。

http://www.dataplaza.keirininfo.or.jp/contents/kdpsyu.Syu2?KCD=34&KBI=20050410&RNO=10、前受け伏見を打鐘で平原康多が抑える。伏見は、前日の市田佳寿浩の様に3番手内打ち粘る競走でこれまた凡走。平原の番手高峰賢治が1着、山内卓也が2着、3着同着で小川圭二と佐々木健司。
3連単6-1-3で127,960円、6-1-5で251,660円の超大穴。

注目の優秀戦11Rは、強風の中、打鐘過ぎからバックまで、五十嵐力と荒井崇弘が先行争い。
九州3番手に付けた市田が先捲り押し切り1着、追走海老根恵太をゴール前、後閑信一が捉えて2着。海老根が3着に。

初日狙った市田から今日も狙うが、3着海老根は買っておらず・・・。

2005年04月09日

川崎記念 桜花賞・海老澤清杯

去年の川崎記念とは打って変って、自力選手の活躍が目立った初日。
特に地元の若手先行選手が気合良く、がんばっていました。

狙ってみた9R市田佳寿浩は3番手内で粘るバカな競走で凡走。
3着に入りましたが、内容はまるで駄目でがっかり。

10Rは荒井崇博と伏見俊昭の壮絶なもがき合い。バックで伏見が少し前に出て決着ついたかと思えば、荒井も脅威の粘り。
結果は、伏見は垂れて荒井が2着に粘る大健闘!

11Rは、あっさり村上義弘が主導権取り、快調に逃げるも、バックから海老根恵太に一捲りされ撃沈。
調子自体は悪くなさそうな村上だが、もう一つといった感じ。

明日の優秀戦は、海老根が荒井に無駄足使わせて、地元に勝たせる展開かな。

2005年04月08日

明日から川崎記念

好メンバーが揃い激戦必至!
初日は様子見たいところだが、特選9Rの市田佳寿浩は狙ってみたい。
前走、四日市では優勝を静岡の中井達郎に掻っ攫われたが3日間積極的に走り、絶好調。
地元戦で燃える、五十嵐力が先行する気配だが、中団取り合うようだと、市田の先行も十分ありえる。
付ける濱口との折り返しに、3着は山内、神山、高木、高谷へ。

11Rの石丸寛之特注!

2005年04月05日

高知記念決勝

佐々木則幸、小嶋敬二が脱落したが、なかなか面白そうなメンバーが勝ち上がった決勝戦
武田豊樹、稲垣裕之の先行対決、今開催1番の出来、岡部芳幸。
地元地区で何かやりそうな渡部哲男先頭の四国ライン。
実力伯仲の細切れ戦で難解。あれこれ悩む。

結局、出来の良い岡部、武田の力勝負で折り返し、3着十文字に。タイミング良くかました時の稲垣の番手紫原から2,3着は12357と買う。

結果は、主導権武田の3番手に稲垣が入り、バックから捲って優勝。紫原追い込むも届かず2着。
最終回ホームで8番手に置かれた岡部は、すかさず巻き返し紫原の後ろに入る。そのまま3着だが、やはり動きは良かった。
行こうと思えば行けた筈の四国勢は、何も良いとこなし。

記念初Vの稲垣、おめでとう!

マイナス17万3千円だ〜!
http://www.dataplaza.keirininfo.or.jp/contents/kdpsyu.Syu2?KCD=74&KBI=20050405&RNO=11

2005年04月04日

先行1車は黙って買うな

午後からちょっと時間が空いたので、CSで高知記念を観戦。

6R出走、岡田征陽の情けない走りには呆れた。
先行1車、後ろは高橋光宏と星島一成の競り、多少動ける選手はいるものの、こんなレースでさえ主導権取れないとは。
最終回の1C過ぎまで誘導使って、松井英幸に一気に叩かれ、何も出来ずに敗退。
相手をなめてるのか、頭が悪いのか、こんなんじゃ東京の選手以外は、後ろ回らなくなるだろうな。

車券の方は、6R、7Rと買ってみた。
6Rは、混戦抜け出し捲る中川司から2着山中、岡田、渡部へ3着は総流し。
7Rは、初日好走した復調気配の石毛克幸の番手松山学と3番手回る北川紋部の折り返しから、3着総流しと北川、飯田威文の折り返し、3着総流し。
北川は、後ろに大阪の森村優が居ることだし、直線早めに踏むと読んだが、直線伸びず、まんまと後ろの森村に抜かれて5着。
大外、飯田が突っ込んで3連単2-6-8、298,900円の超大穴。

ん〜頭痛い。

トータルマイナス16万5千円だってよ。

2005年04月03日

花月園Sシ

天気が良いので、午後から本場に行って来た。
とりあえず、狙いは、9R出走の初日好捲りで1勝した高井広明。
2着は筋の6、他ラインの番手1、3、格上5へ。
3着は6,1,3,5,7。

レースは、打鐘過ぎ、高井4番手確保するものの、3番手に潜り込んだ児玉が先捲りして2着に残る。
一番要らないと思った児玉が2着とは…

10Rは見して、決勝へ。
気合良い地元両者と近況好調の森田進のBOX。
さらに地元の折り返しから3着総流しで買う。

予想通り、巧く坂上の番手に飛び付いた加藤だが、真原が離れ、竹内が3番手に。
この時点で私の車券は終了。

結果は、4角から抜きに行った加藤の内から竹内が伸びて優勝。
2着はいつのまにか竹内の後ろにいた横田。
3着には足が三角に回ってた加藤。

加藤は、1着こそ無かったけど、好気合で良かったんだけどなぁ。
ちょっと太りすぎだ。

高知記念の場外も売っていたので、11R優秀戦だけ買う。

渡部が捨て身で駆けて地元佐々木を引き出す展開なら諦めて、叩き合いを好位から岡部が捲ると予想する。
2着に筋の鈴木、好調佐々木。
3着は総流しで。

結果は、渡部の番手に岡部が飛び付き、バックから番手捲り。
直線鈴木に抜かれワンツー。

ナイスな飛び付きで喜ばせておいて抜かれるとは・・・
あんなに早く行かなくても・・・
鈴木も鈴木だ!福島勢には、世話になってるんだから優秀戦で抜かなくてもいいだろ!

これでマイナス15万8千円なり。

2005年04月02日

これまでの収支

このサイトを手直ししながら、花月園、立川に電投参戦、高知地記念は見です。

今年1月からの収支を計算してみたら、マイナス14万円・・・。
全て3連単車券を買ってるとは言え、当たりが少ないなぁ。
そろそろでっかいの当てないと。

四日市で今日も市田が好走。
巧い先行で余裕の逃げ切り!明日は優勝。
準決は1番人気で決まったが、決勝はクセのある選手もいるし、筋違いの車券から狙おうっと。

2005年04月01日

新年度開催ラッシュ!

正月以来更新停止していましたが、心機一転再開です。

Sシ初日の花月園、立川、四日市、全て見して好調選手探し。
自力型では、四日市出走の市田佳寿浩が一押し。
相手が軽いが逃げ切り11.7のタイム出てるし、明日もきっと楽勝。

立川出走の西田雅志、花月園出走の高井広明もきれいに捲り決めてたから要注意。

明日からは高知の記念も始まるし、忙しいなぁ。