2005年04月16日

西武園記念初日

今日は見してスピードチャンネルで観戦。
自力型が良く連に絡み、殆どがスジで決まった。
内容良かった選手をピックアップ。
2R打鐘から叩いて逃げ切り加藤剛、似たような感じで4R今村清二も逃げ粘り2着。
3R河津照彦、バック前から捲り発進2着残り、5R石渡正也、6R堤洋もバック前からの捲りで快勝。
8R吉田勇人、近藤幸徳とホームからのもがき合い制し、2着逃げ粘る。
9R吉田敏洋、打鐘過ぎから堂々のマイペース先行で逃げ切り1着、一気に優勝候補に。山口富生の強烈ブロックで失速した岡部芳幸だが3着と引き続き好調キープ。

11R周回中、延々と5番手で併走してたアウト山田裕仁とイン武田豊樹。
結局、最終回1Cまでやりあって共倒れ。
武田が意地になって引かなかったけど、特選でそこまで位置に拘る必要は?
同型へのアピールなのか調子が悪いのか、2日目以降も位置に拘るようだと今開催は危ないな。

trackbacks

trackbackURL: