2005年07月12日

取手銀輪王05 三宅伸

準決もがき合い制した小嶋、連日好走の荒井、地元の意地ある武田と見応えある決勝戦。
先行する荒井以下九州ライン4番手をイン武田、アウト小嶋で併走もバックで小嶋が豪快に捲り、スーパーシートに乗った三宅伸がゴール前僅かに捉えて優勝かっさらう。

それにしても小嶋が強い。
荒井の先行も悪くなかったし、加倉も必死に止めにいったが、パワーで押し切った。
地元で人気の武田は作戦失敗と言うか、読みが外れたんだろうね、ホームあたりで小嶋が行くと思ってたんだろうが、見事に蓋されちゃって、小嶋の方が一枚上手でした。

trackbacks

trackbackURL: