2005年08月17日

小田原〜京王閣

行った訳ではございませんが…
花月園で場外発売しておりましたので少々遊んで参りました。

小田原記念。
今日こそは自力が活躍する!と8Rから筋車券中心に打って見ましたが、何だか微妙にずれてまして・・・
別線との力車券も抑えてはいるもの、見事に抜けましたわ。
最終レースは村上が復調しているからこそと、前田の頭から勝負。撃沈です。

その後、特観で京王閣のナイターが発売との事で小田原の負けを取り戻そうと気合充分で参戦。
7R、地乗りで引地正人(秋田)の後ろを小原(青森)と川井(群馬)で競り。
市川(東京)がいるのになんでだぁ?と思いながらも競るんなら両方ともいらないかと引地の逃げ切りからの車券と市川使う土屋の車券を買う。
発走。
とりあえず、両者競る構えで周回重ねるも競りらしい競りは無く、なんと川井3番手で最終回。

終わってみれば、引地ラインのズブズブ黒田まで入って、41,290円。
川井の野郎、ふざけた奴だ!
すっ飛んで行って野次の一つも言いたかったが、それも出来ず、気分最悪。
こんな日は、車券も当たる筈も無く、気合も空回りで見事にやられました。

2005年08月16日

悪夢の33バンク

昔は、ヒラ、記念問わず年中行ってた小田原競輪場。
ここ何年も行ってないなぁ。
夏の風物詩小田原記念、入場ゲート越えた道の真ん中にデカイ氷置いてあるのかな?

33バンクのくせに直線が長い、昔から狙いずらい競輪場だったけど、デカイ穴も良く取れた。
初めて万車券取ったのも確かここだ。

今日はチョロチョロと参戦したが、中盤の番手番手で決着するレースが続きうんざり、捲り狙いの選手の仕掛けの遅い事。
バックからじゃなく、ホームから1C辺りまでに踏み出して、3角までに捲り切ってないと、ここはなかなか決まらないよ。
また、早過ぎても後ろに抜かれるけどな。
1日走ってみて選手も判っただろうから、明日は、自力同士の決着が増えるかも。

2005年08月14日

すごいぞハコ9!藤野光吉

先行選手のダッシュに付いて行けなくて千切れるなんてのは良くあるが・・・
ハコで3,4角まで来て、牽制するでもない、内掬われるでもない、普通に走ってて9着って、初めて見たよ(笑)

千切れるって予想してる人も多かったかだろうけど、武田-藤野で勝負した人は、ぶっ殺してやりたいくらいだろうなぁ。

2005年08月12日

復調山田裕仁

川崎サマーナイトフェスティバルから好気配だった山田、松戸記念初日のカマシといい今日の捲りといい、復調したようだ。
後輩の先行選手をさっさと捨てたりと非情なレースっぷりは有名だが、自力が復活した山田はやっぱり強い。
競輪界の悪役として、これからもがんばって欲しい。

その山田が捲り決めた11R、先行新田の番手を合志が内から競りかけ望月永悟を捌いた。
しかし、捲ってくる山田に何も出来ず、ゴール直前に落車。
この男との相性、ホント悪い。
ダービーの決勝もこいつだけはいらないと外せば3着に来るし、最近の調子の良さから、今日も連に絡むだろうと買えばこける。

やだやだ。

2005年08月07日

ナイトキング有坂!

バンク内のお立ち台に乗せられ、上に上げられた顔が照れくさそう。
「東の夜の帝王」有坂直樹がG2第1回サマーナイトフェスティバルの覇者になり「ナイトキング」の称号を得た(笑)

暑さと熱気ムンムンの中、6時過ぎに到着したが、客の多さにびっくり!若い女の子から家族連れと、いつもの川崎らしからぬ雰囲気。

サンバのリズムが聞こえてステージ近くに行って見ると凄い人だかり、じっと見つめるオヤジ軍団に取り囲まれて踊るダンサー達の顔引きつってました(笑)

途中は夏祭り気分で車券もそっちのけ、飲んで騒いで盛り上がってましたが、狙っていた決勝戦で撃沈。
帰りはいつもの倍疲れましたわ。

2005年08月05日

サマーナイトフェスティバル

決勝に乗せたいスター選手を振り分けた番組で、配当的には割と堅く収まった感じだが、決勝メンバーは番組の思惑通りにはいかなかったか。

今日は気になるところだけ電投で参戦。
当たったのは1Rの山崎-佐藤-稲垣の1本のみ。
狙った手島、神山は共に2着という結果で散々┐( ̄ヘ ̄)┌

南関・関東勢全滅って…情けねぇなぁ。

本気で走るかどうかも怪しい大会だし、明日は現場でドンチャン騒ぎしてくっかな。

2005年08月03日

参戦予定

あちぃし忙しいし。。

青森寛仁親王牌以降、和歌山F1に少し手を出したっきり、競輪やってない。
5,6日に開催される、初のナイターG2、川崎サマーナイトフェスティバルには参戦するつもり。
といっても、夏祭り気分で見に行く程度。

豪華なメンバーが揃う予定らしいが、初日オール予選、1着権利って・・・選手は真面目に走るのだろうか?

大荒れの予感です。