2006年01月29日

小倉で小倉!競輪王V2

今年最初のGIレース、競輪祭決勝・・・
初日特選、慎太郎-岡部の並びに?と思いながら観戦していると、
岡部は、中団取りに行ってる慎太郎を追走せず自分だけ車を下げ、挙句の果てに単騎で捲るという、はなから連係する気の無いような競争に驚いた。

決勝も慎太郎-岡部で並び、有坂が続く3車。
番手戦匂わす慎太郎だが、自力の岡部を真ん中に挟む東北の作戦にはいったい何なんだと頭を悩ませる。
先行しそうなのは海老根とは言え、こいつは仕掛けが遅い。しかも2車じゃカマシがいいとこ。万が一抑えて駆けて番手が縺れれば、後続の捲り頃だし・・・結局、流れで3番手あたりが縺れると予想し、勝てばファンも感動するであろう番手の佐々木から。

結果は、海老根の抑え先行で番手が大競り、吉岡の捲りにのって直線伸びた小倉が優勝。
車券は外れたが、内容のあるいいレースだった。
特筆すべきは、番手を佐々木から奪取し、ホームで追い上げる加藤も競り落とし、捲ってくる吉岡も止める芸当を見せた慎太郎の強さが光った事だ。

trackbacks

trackbackURL: