2006年02月21日

西王座決勝

優勝の懸かった大一番で有言実行した村上と金子。
ファンを裏切らない真っ向勝負を見て久々に気分がいい!
プロ選手である以上、勝利や賞金獲得は大事だが、トップクラスの選手がこの様な大舞台で魂のこもったレースする事は凄く意味がある。

車券は当たらずとも納得のレースでした。

2006年02月20日

奈良西王座競輪

初日、2日目と参戦も成績は芳しくない。
反則レースのオンパレードの無茶苦茶な競輪で乞食にされそうだ。
いい加減ムカツクので、準決の今日は見。

たまには、明日の予想でも。
2日目春日賞同様、村上vs金子の先行争いに近畿別線の市田が加わる。
金子の反則早駆け(誘導の早期追い抜き)で行ききれなかった村上だが、絶好調の村上なら行ける筈だ・・今の力じゃ金子の方が上の様な気がする。
2日目の事もあるし、村上は主導権取りに燃えるだろう。近畿から優勝出せれば、叩き合いになって市田に捲られてもいいぐらいに考えてる筈。村上マイペースじゃ金子も捲れないだろうし中団で市田と縺れるのも嫌だろう。結局金子も意地になってやりそうな気がする。

叩き合い必至で一番恵まれそうなのは市田だ。
筋の澤田と村上の残り、それぞれの番手で勝負!
単騎の有賀が小野に絡むんで縺れる時の合志特注。

7-13458

真っ向勝負を願う。

2006年02月07日

岸和田F1

準決のダイジェスト見て、メンバーが軽いとは言え、村上の完全復活確信!決勝のみ参戦する事に。

村上後位の競りは必死、初手から行きそうな合志、最後追い上げそうな稲村、イン粘りある友定。
最終的には、稲村が取り切ると読み、車券は村上-稲村から。

大方予想通りの展開も合志が意外に粘る。
最終回、3角まで稲村と合志が縺れ、空いたインから常時3番手をキープしていた佐藤成人がスルっと抜け出す・・・。

村上マイペースで押し切り完全優勝、2着佐藤、3着に稲村で決着。
村上は期待通りのレースしてくれるが、どうも車券が当たらない。
自力ある佐藤だから、狙えなくも無いが・・・。

Recent Entries

  1. 西王座決勝
  2. 奈良西王座競輪
  3. 岸和田F1