2006年03月31日

A級決勝惜敗芦澤大輔!S級優勝古城英之

川崎競輪F1戦最終日。A級&S級決勝戦のみ参戦。車券は外すもなかなか面白いレースでした。

8RA級決勝、京王閣決勝と同じようにインに詰まった芦澤、またしても自ら抉じ開けてのレースに・・・。
赤版過ぎに芦澤が江本博明を抑える。引いた江本が打鐘から発進、合わせて芦澤も踏み込む。ホームで江本が前に出て被るも冷静にアウトの高田隼人を捌き番手奪取。自ら出ようとする高田に合わせながら3角から一気にスパート。一気に押し切りかと思われたが、好追小室貴広にゴール前、僅かに交わされる。
冷静なレース運びに器用さ、ダッシュ力、素晴らしい素質だと思うが、今回の様にイン粘りを狙っている競走はどうかな?まだ、早いんじゃないの?

11RS級決勝、自力で動ける単騎の選手が見せ場を作ると・・・。
打鐘から古城が主導権取りに動くもホームで吉川誠が叩く。さらに単騎の橋本強がカマシ、バックで二木茂則も捲り打って3,4角では自力3車の併走力勝負に。最後は古城が外から捲り追い込み優勝。これは、調子悪いと言っていた橋本が吉川に絡む作戦だったのかな?1Cから踏みっぱなしの吉川は大変だったろうが突っ張って戦う姿勢がいい!初の決勝戦二木茂則も見せ場作った。・・・兄弟子和田誠吾はどこに?

2006年03月30日

川崎競輪F1決勝予想

前回の京王閣決勝で初めて芦沢大輔の生の競走を見たが、なかなか器用。インに詰まっても自ら抉じ開け、そこから一気にぶっちぎるあたり、並みの新人ではない。この芦沢が乗る8RA級決勝から勝負。
連日番手を千切ってしまう勢いの芦沢、なんとか付いてきて2着確保している小室貴広。後ろに同期の群馬勢が連系の関東ライン。千葉の自力型2車に地元神奈川勢が付く南関ライン。そして単騎の安藤優企。初日に高田隼人が2日目に江本博明がやられている千葉勢が意地の主導権取りから2段駆けを狙うか、それとも赤版から芦沢が抑えてそのまま押し切るか。
芦沢から狙うが番手離れる可能性が・・・。
芦沢主導権から小室付け切ると見て-=
千葉2段駆けを捲っての-=イ4点で勝負。

11RS級決勝は、好調地元吉川誠率いる南関ライン、これまた好調古城英之、和田誠吾の広島同門コンビ、中団捲りかイン粘りの村上博幸、中島義之の京都勢。初決勝戦の二木茂則、橋本強の自力タイプがそれぞれ単騎。地元勢有利も、ここは一発広島勢から狙う。
=-´↓

特注は橋本強。

2006年03月27日

ダービー一夜明けて・・・

スポーツ新聞の競輪欄には吉岡稔真を称えるコメントがズラリ、そして吉岡の男泣きにファンも泣いて、感動のフィナーレだったとか。
確かに動き良く絶好調だった吉岡、ダービー決勝という大舞台で、展開が向いたとは言え逃げ切っての優勝は立派。彗星のように現れ、破竹の勢いで勝っていた頃の彼を知っているファンにとっても嬉しいだろう。まぁ、18年競輪やってて初めてダービーの決勝を買わなかった私にとってはどうでもいい事だ。

2006年03月26日

日本選手権競輪最終日

準決勝、吉岡稔真の鮮やかな捲りだけ際立っていた。先行1車のここは絶対有利だが、決勝の舞台ではどうだろう?吉岡が優勝すれば話題になるだろうけど・・・他のメンバー見ても正直言って興味薄でやる気無し。・・・欠場。

2006年03月25日

日本選手権競輪五日目

本日所要のため電投参加、映像も見れませんでした。

準決勝前に一勝負!4R二次予選凡走した吉田敏弘。奮起に期待し、頭から。岩見潤2着に渡邉晴智、會田正一、豊田知之、吉村和之へ。ダイジェスト見て、予想通りの三宅達也のイン粘り、岩見捌けると読んでいたが、吉田の踏み出しにぶッちぎれ。静岡作戦番手の晴智、会田が連絡み。

難解の準決勝終了、出揃ったメンバー見て決勝戦は興味薄に。

2006年03月24日

日本選手権競輪四日目

激戦の二次予選も終わり、準決勝のメンバーが出揃った!選手もファンもここからが正念場だ!

二次予選9R、捲り狙いだと思われた伏見俊昭のまさかの逃げ切り!そして10R、村上義弘の先行と思われたが、7番手に置かれまさかの捲り不発!まさに二次予選の怖さ、2着権利へのプレッシャーと一瞬の迷いが明暗を分けた。

準決勝予想
9R★金子貴志に大塚健一郎、森下太志が付け、伏見に有坂直樹、榊枝輝文の東北勢、手島慶介、稲村成浩、藤原憲征の北関東。金子の主導権濃厚だが、目標ない北関東の出方次第では、東北勢の一気の巻き返しもある。展開も読みづらく点数絞りにくいここは、動きの良い選手から狙う手で。
4=5=9ボックス

10R★先行一車武田の番手後閑信一、地元の廣川貞治で固める。目標ない内林久徳や加藤慎平、山口富生の岐阜勢が好位に切り込む作戦。GR賞失敗した岡部芳幸がまたも前回りとなった東北勢の並びが疑問だが、ここも捲り狙いか。番手大いに縺れマイペース先行の武田と足ためてる山口、岡部に乗ってくる佐藤慎太郎で。
2=5=9ボックス

11R★ヤングパワー絶好調の平原康多vsベテラン吉岡稔真、小嶋敬二の三分戦。今回の出来なら平原主導権取れそうだが、ダービーの準決勝というプレッシャーの中で、百戦練磨の小嶋や吉岡相手では分が悪いか。ベテラン勢を粉砕して欲しいが、ここは平原の番手回る兵藤一也から。
1-4,5-2,4,5,6,8

・・・しかし、この準決勝の番組も難しいなぁ。予想書くのに悩んだよ。

2006年03月23日

日本選手権競輪三日目

車券戦術の中に、当日の決まり手、流れを考えるというのがある。今日の場合は、突っ張ってでも主導権取ったラインで決まるケースが多く、捲りが決まり難かった。客はその流れを読んで車券を買う。見ている客が分かるぐらいだから、当然走る選手も分かっている筈だが・・・。昨日予想の二人の好走選手がぶつかる10Rで狙った吉田敏弘の勝負を捨てた凡走には鉄槌を食らわしたい。

10R★前受け平原康多以下関東ラインに西田雅史が付け、赤版上昇吉田ラインに三宅伸、星島太が付ける。打鐘前、後閑信一が吉田を軽く牽制、誘導切った平原が先行体勢。打鐘過ぎの3角で、事もあろうか吉田が行かずに車を下げる。当然三宅切り替え7番手に。後は平原がマイペースで駆け、まんまと逃げ切り。好ブロック見せた後閑がなんとか追走の2着、坂本英一3着のラインでワンツースリー。本来吉田がやるべき競走を平原がやったが、この勝利は、何よりも気持ちで勝っていた。準決勝も臆する事無く、先行魂で勝負して欲しい。

戦前から不調訴えていた武田豊樹だが、これは相手を油断させる為の用意周到な作戦?後閑、阿部のコメントからも悪くなさそうだし、今日の上がりタイムも悪くない・・・。客も選手も欺くとは、なんてしたたかな奴だ(笑)

2006年03月22日

日本選手権競輪二日目

一次予選、特選終了し、明日はさらに激戦の二次予選へ。本日好走選手と明日の予想を少々。


-好走選手-
9R★吉田敏洋・・・打鐘から先行、ホーム4番手からスパートした松崎伊佐夫合わせきる。一走見た限り、先行選手の中で出来1番。
10R★吉岡稔真・・・自ら動いて驚きの位置取り。これが出来れば毎回指定席にはならない筈(笑)

-二次予選予想-
2着までが準決勝確定のここは、どのレースも難解。どちらも好走選手として上げている平原康多と吉田敏弘をぶつけた10Rを検討する。この二人が別々のレースならそれぞれ狙い目だったが、仕方ない。
初日インに詰まった事を平原はしきりに反省していたし、吉田も好タイムで逃げている事から、先行争いの可能性高い。しかし、勝ち上がり2着迄を意識し牽制しながらのスローペースになれば、一気に主導権取ったラインで決まる可能性もある。特に平原が一気に発進した時、不調の後閑信一が離れる可能性あり、吉田嵌るケースなんて大だ。ここは、出来の良さ1番に上げている吉田ラインから狙う。
9=1-4,5,7,8

2006年03月21日

日本選手権競輪初日

さあダービー開幕!初日は、中団位置に拘るレースが多く最後まで無駄足使わなかった選手が勝ち上がった模様。一次予選はこの流れが続くかも。

一次予選好走選手を何人か。自力型からは、平原康太多。中団城戸崎隆史と併走、イン詰まって終わりかと思われたが、自ら抉じ開け一気に捲ったスピードは抜群。ただ、前回のうっかり落車や、今日のインに詰まる競走見ると危ないっちゃ危ない。追い込みからは、内林久徳、佐々木龍也、山内卓也あたり動きよく車の伸びもいい。

特選競走の展開はだいたい予想した通りだったが、立川得意の稲村成浩が予想以上に良かった。村上義弘は末甘いが、いつもの様に主導権取ってるし二次予選の奮起一番に期待したい。

2006年03月20日

第59回日本選手権競輪

いよいよ明日から立川ダービーが開幕!
昨年は決勝戦で、鈴木誠、伏見俊昭の折り返しから3連単勝負し、3着合志だけ買わず大敗を喫した。6日間の長丁場、無理に買わずよく見極めて勝負したい。

初日特選の自力は、玉野記念からの村上義弘、海老根恵太、伏見の3車。単騎自在のコメント出した稲村成浩が位置微妙で4日目GR賞を考えたらシビアな競争するのか・・・主導権は村上ラインが取りそうなのでその4番手だとは思うが。伏見は自分の競争スタイルで行けば4,5番手が理想、加藤慎平にブロックされないよう3,4角からの捲り追い込み狙い。海老根も神山連れての先行はどうか。様子見のここは、穴狙いから。
後方からの捲りを加藤がブロック、中割って合志の突きぬけなんてどうだろう?
6=5-1,4,7 * 6=7-1,4,5 * 5=7-1,4,6
立川競輪場【第59回日本選手権競輪】

2006年03月19日

京王閣競輪F1最終日

本日、久々の現地観戦。連日風が強かったと聞くが、本日もかなりの強風だったが、好天気に恵まれバンクコンディションは良好。
7Rから参戦も的中は3日間まるで見ていないA級決勝のみ。なんの為に連日チェックしていたのか・・・我ながら情けない。

9R、当然初日の動き良かった西浦仙哉とワンツー決めてる水谷良和の狙い。目標なく地元の布施義憲が付ける尾崎和人の位置取り気になり、西浦、尾崎の車券も購入。連日積極的に先行している小島壽昭が先行、番手戦かと思われた尾崎は中団に、西浦捲るも番手水谷千切れ、切り替えた大網、野木義規が2,3着。

10R、逃げると末甘い感ある佐藤悦夫だが先行1車のここは、後位渋滞で絶対有利。昨日好気合の番手戦見せた渡辺航平との絡みが狙い。初手から佐藤の後ろは、相原健樹、西村正彦で競り。考えた渡辺が打鐘でインを切って徐々にピッチを上げ佐藤の上昇に合わせる。バックで渡辺、西村競り、更に飛んだ相原も追い上げる。佐藤まんまと逃げ切り、4角3車競り征した西村2着、相原3着。渡辺の作戦良かったが、バック向いてからの競りじゃタイミングが悪すぎだ。

11R、九州勢の並びが予想に反したが、地元の浦山一栄を信じて飯嶋則之の頭から。九州の先頭を特注の梶山裕次郎という事なのでここからも。レースは、打鐘で五十嵐が発進すると番手の渡邉優が離れ、前受け浦山が絶好の番手に嵌る。後方何度も見ながら警戒する浦山、バックで行くのかと思えば、5番手にいた梶山にあっさり捲られ凡退。梶山になんとか付けきれた野田源一が交わして優勝泥棒。あの展開で浦山が優勝するなら車券が外れてもまだ納得出来るが・・・。
何度ダイジェスト見ても腹が立つなぁ。

2006年03月18日

京王閣競輪F1二日目

10R、本命五十嵐力の後位競りかと思われたが、西村正彦は行かず、山田英樹の3番を追走する。きついマーク選手だと思っていた西村だが、番手戦選ばず、よりによって抑え先行下手糞な山田ラインに付けるとは・・・。
打鐘から山田-北村哲上昇に西村が追走。中団梶山裕次郎以下遠征ラインが合わせてあがる。先行山田をホーム7番手から五十嵐が発進し3角前に捲り切る。石井孝が離れ、梶山が上手く追走から差しきり1着。五十嵐粘って2着。展開向いたが、連日前々に攻めている梶山が動き良く好調だ。

11R、浦山一栄の後位は布施義憲と渡辺航平で競り、布施も気合入っていたが、浦山の踏み出しに合わず、あっさり渡辺に番手奪われる。離れ気味に渡辺が追走した3番手が縺れる。バック6番手から小林裕司の捲りを渡辺必死に止めるも小林に乗った渡邉優が直線突き抜け1着。浦山2着。渡辺航平の動き良かったが、惜しくも5着に沈む。

明日の決勝予想
南関結束なら4車とライン長くなる五十嵐の先行あるが地元の浦山も黙ってはいないだろう。後攻めから浦山が上昇しそれに合わせて中団の野田、前受けの五十嵐が引いてホームからの発進。
先行争いが1Cで決着付くか、五十嵐が捲りきるか、それとも3角あたりまで長引くか・・・。
浦山が前受けなら逆の展開で、五十嵐が抑え先行、浦山はカマシか捲りになる。
どちらにしても中団の野田が有利に見えるが、調子は疑問。
ここは、地元の意地ある浦山に乗る飯嶋則之から狙う。
7-1358-1358

特注は伸びいい神開浩士郎と動きにキレある梶山。

2006年03月17日

福井競輪F1決勝

世界戦帰りの疲れの為か今ひとつピリッとせず、末が甘い渡邉一成だったが、先行意欲満々の姿勢には好感が持てる。この男もかなり熱い先行魂を持っていて今後の活躍が楽しみだ。

福井決勝戦。
打鐘前に誘導切った福田知也を渡邊一成がすかさず叩く。番手を松井一良と地元の渡辺十夢で取り合う。張りきり過ぎた渡辺十夢が最終回1Cで自爆、逃げる渡邊一成の後ろ大きく離れ、内海雅夫、松井一良で追走。ゴール前内海が捕らえ優勝泥棒、2着に残った渡邊だが、ちと情けない。もっと情けないのは福田知也だが・・・。

京王閣初日好走選手。
7R 西浦仙哉・・・最終回4角まで大森慶一とのもがき合い征し2着に粘る。
8R 山田英樹・・・前受け梶山裕次郎を最終回ホームから一気に叩く。番手縺れるも後方小林裕司捲れず、山田逃げ切り。
10R 五十嵐力・・・最終回ホームカマシてきた佐藤悦男に合わせ先行。番手に佐藤が嵌り抜かれるも3着に粘る。
11R 浦山一栄・・・病欠明けも打鐘先行押し切り。バック1本棒で他ライン捲れず。

2006年03月14日

地元ワンツー玉野競輪G3決勝戦

してやったりの地元勢。
三宅達也がカマス展開になるとばかり思っていたが、海老根恵太が逃げ、吉岡稔真がカマシ不発、6番手から三宅が豪快に捲ってタイヤ差石丸寛之が交わす。まるで吉岡がやるような競争するとは・・・。
まぁ、ダービーも控えてるし、他の選手も遠慮してたようだな。

2006年03月13日

玉野競輪G3三日目

本日不参戦の為ダイジェストから検証してみた。

8R、準決勝Cは大方の予想通り、地元作戦が成功。今年に入って不調のGPレーサー後閑は、ここも良い所無しで動きの悪さだけ目立った。こんなんじゃ、また、可愛い同県の後輩に狙われるぞ!
9R、準決勝B、逃げる三宅達也の番手にカマシてきた山内大作が嵌りこの2車で。手嶋慶介もなんだか調子落ちでピリっとしないなぁ。去年の勢いはどうした?
10R、徹底先行川島聖隆の三番手取った伏見俊昭が捲るも、さらにその上を吉岡稔真が豪快に捲る。伏見悪すぎ、吉岡出来すぎ(笑)
11R、新人須賀和彦が打鐘で村上義弘を押さえるも、ホームからすかさず巻き返し先行。地元三宅伸が意地で捲るも不発、その上大外一気に海老根恵太が捲りきる。村上はきっちり新人に厳しさを教え面子を保ったが、3着にも残れないとはちょっと情けない・・・。
レース後コメント

明日の決勝戦、3車と長い海老根が積極的になんていってるが、果たして?海老根も吉岡も加藤慎平にしても地元両者がカマシてくると読んでるのでは?好調の吉岡はもちろん特注だが、S決める加藤が三番手奪取、三宅から番手発進の石丸寛之から狙いたい。三宅のイン粘りはないと思うが、加藤の成り行き先行はあるかも。
8-1=2=9

2006年03月12日

玉野競輪G3二日目

8R二次予選予Aで、昨日、見事に村上義弘を沈めた平原康多がうっかり落車で失格!なんだよ村上との再戦楽しみだったのに〜!

二次予選Bからは、5R、89期の新人須賀和彦、6R、川島聖隆が逃げ切り勝利。7R、山内大作も逃げ残り2着。
9R、海老根恵太の番手を伊勢崎彰大、中島義之、三宅達也で取り合い。様子見ながら流し先行していた海老根を前反祐一郎が一気にカマす。これを追走した伊藤正樹が抜け出し勝利。油断した海老根も猛追で2着に。
10Rは、村上が前受けから打鐘で無理せず渡部哲男先頭の地元ラインを出させバック6番手から豪快に捲って圧勝!
11Rは伏見がすっとぼけ、前受けからの吉岡がホームから先行で逃げ切り(笑)
レース後コメント

2006年03月11日

玉野競輪G3初日

特選9R、10Rと捲ったラインで決着していたが、最終11Rで大波乱が・・・

打鐘から先行体勢に入る村上義弘を平原康多が一気に叩くも番手小橋正義がちぎれる。最終回ホーム平原の番手に村上が嵌るも小橋が猛追い、気付いた村上が慌てて出て行くが平原にまさかの1発もらい失速。後続、加藤慎平と小橋やり合うも小橋が平原番手を死守、外併走になった村上は小橋からジャブ数発喰らい終了。この混戦を単騎の山田幸司が一捲りで1着!しぶとく小橋が2着、加藤3着。3連単6-2-1で224,310円の大穴で決着。

東の4番手嫌って単騎で一発狙っていた山田だが、こうも鮮やかに決まるとは・・・本人が一番驚いてるに違いない。このレース縺れれば、この男と山内卓也、平沼由充が狙いだったが、いずれも村上絡みの車券の為ゴミとなった訳だが・・・。

村上の敗因を考えると、ホームで小橋が追い上げて来た時、平原がペース緩めた為、被って小橋と競るのが嫌で慌てて出てしまった事だろう。そして踏んだ矢先に平原からのまさかの1発。これで完全にリズムを狂わされしてやられた。油断したのかなめていたのか、気を引き締めて二日目からの活躍に期待したい。

11R結果
レース後コメント

2006年03月10日

村上義弘出陣!

明日から玉野競輪場で行われるG3瀬戸の王子杯に西王座決勝で金子貴志と激しい主導権争いを演じた村上が出場する。
あれだけ派手にやった村上に対して、他の自力選手がどういう戦いを挑むのか見ものだ。
11R出走表
村上、平原、井上の自力3車にラインが出来る3分戦になりそう。平原も力を付けてきたが、村上とやり合う根性は無さそう。井上は地元豊田が付けるだけに早めに発進する可能性あるが、先行では、力不足。村上が前受けからの組み立てで、早めに抑えてきたら引いてカマシか捲り、遅ければ突っ張って先行するだろう。
心配なのは、違反点多い加藤が番手に付く事。普通に走ればワンツー決まるだろうけど・・・。


スピードスケートの今井裕介が競輪転向表明したらしい。現在の武田豊樹の活躍を見れば誰かしら来るだろうとは思ってたけど・・・金メダリストの清水宏保がくれば競輪界も大喜びだったろうに。

2006年03月07日

熊本記念競輪決勝

突然サイト名も変えてリニューアルしてみた。
やっつけ仕事になったってしまたので、ボチボチ手を加える事にする。

さて競輪の話だが、昨日の予想で車券購入したので当然ハズレ。
市田の位置取りの下手な事・・・。
と言うより山崎が上手かったなぁ、前日市田にやられた失敗を生かし4番手を見事に確保するあたり、市田より遥かに競争センスがあるし、何より余裕がある。

予想通り主導権は佐々木が取り、果敢に先行。
4番手の確保の山崎が車間をきって4角外から追い込み優勝。
2着は、佐々木番手の小倉、3着村本。
レース後コメント

2006年03月06日

G3火の国杯争奪戦

豪華メンバーで開催された熊本記念だが、上位選手が揃って準決敗退し、決勝は・・・なメンバーに。

とは言え、競輪王小倉、東王座山崎、西王座準優勝市田、今年活躍中の選手は乗ってる訳だ。

明日の展望だが、並びは
佐々木-小倉-富
山崎-村本-松岡
市田-山口
菅原

車の伸びが一番いいのは山崎、次いで市田だが両者の先行は・・・。
佐々木主導権が濃厚と見てるが、抑え先行なら、小倉のブロックを嫌って、初日のように市田が早めに捲る展開。
5=1-3,9

中団を市田、山崎で取り合えばすんなり四国勢で決まる可能性も。
3=7-1,9

小倉、山崎、市田のBOXは押さえたい。