2006年03月12日

玉野競輪G3二日目

8R二次予選予Aで、昨日、見事に村上義弘を沈めた平原康多がうっかり落車で失格!なんだよ村上との再戦楽しみだったのに〜!

二次予選Bからは、5R、89期の新人須賀和彦、6R、川島聖隆が逃げ切り勝利。7R、山内大作も逃げ残り2着。
9R、海老根恵太の番手を伊勢崎彰大、中島義之、三宅達也で取り合い。様子見ながら流し先行していた海老根を前反祐一郎が一気にカマす。これを追走した伊藤正樹が抜け出し勝利。油断した海老根も猛追で2着に。
10Rは、村上が前受けから打鐘で無理せず渡部哲男先頭の地元ラインを出させバック6番手から豪快に捲って圧勝!
11Rは伏見がすっとぼけ、前受けからの吉岡がホームから先行で逃げ切り(笑)
レース後コメント

trackbacks

trackbackURL: