2006年03月22日

日本選手権競輪二日目

一次予選、特選終了し、明日はさらに激戦の二次予選へ。本日好走選手と明日の予想を少々。


-好走選手-
9R★吉田敏洋・・・打鐘から先行、ホーム4番手からスパートした松崎伊佐夫合わせきる。一走見た限り、先行選手の中で出来1番。
10R★吉岡稔真・・・自ら動いて驚きの位置取り。これが出来れば毎回指定席にはならない筈(笑)

-二次予選予想-
2着までが準決勝確定のここは、どのレースも難解。どちらも好走選手として上げている平原康多と吉田敏弘をぶつけた10Rを検討する。この二人が別々のレースならそれぞれ狙い目だったが、仕方ない。
初日インに詰まった事を平原はしきりに反省していたし、吉田も好タイムで逃げている事から、先行争いの可能性高い。しかし、勝ち上がり2着迄を意識し牽制しながらのスローペースになれば、一気に主導権取ったラインで決まる可能性もある。特に平原が一気に発進した時、不調の後閑信一が離れる可能性あり、吉田嵌るケースなんて大だ。ここは、出来の良さ1番に上げている吉田ラインから狙う。
9=1-4,5,7,8

trackbacks

trackbackURL: