2006年04月30日

川崎競輪G3『桜花賞・海老澤清杯』 最終日

後半風が強くなるも終日好天に恵まれた最終日。ポカポカ陽気にビールが美味いが、決勝戦の車券はしょっぱい事に・・・。
3度目の準決勝C勝ち上がり優勝の新田康仁が見事に制覇、地元高木隆弘は海老根恵太に追走一杯、伏見俊昭は見せ場もなし。

11R決勝戦、初手からS取り合戦も有坂直樹が取り、伏見俊昭を迎え入れる。赤版から澤田義和が上昇、打鐘でインを切ると、更に海老根が前へ出る。すかさず伊藤正樹が叩いて先行。バック1本棒で通過、番手捲りに出た加藤慎平追走の新田がゴール前余裕で交わして優勝。2着に追い込んできた海老根。3着加藤。
前日単騎のコメントを出していた新田が、顔見せから中部の3番手に付けていたので、南関作戦は無いと確信、東北勢、地元高木の車券から、慎平、新田中心に東北勢を絡めた車券へチェンジ。
どの道海老根は一銭も買ってないのでハズレだが・・・。
決勝用にギヤを上げた伏見は役立たずだし、海老根も最初から捲り狙いだったのは、ちょっと読めなかったな。

3日間凡走して普通ならお帰りコースの筈の恥知らず武田豊樹だが、最終日はきちっと先行で、なんとか1勝。
若手の機動型揃い興味深かった9Rは、須賀和彦を使った渡邉一成が番手捲りで1勝、北津留翼もあと少し及ばずだったが見せ場を作った。

さぁ次は岸和田記念ですか・・・。

2006年04月29日

川崎競輪G3『桜花賞・海老澤清杯』 三日目

武田豊樹の凡走、荒井崇博の下手さ加減にはホトホト呆れます。
武田は、他地区のマーク屋引き連れた渡邉一成に主導権奪われ、またもや7番手捲りに。案の定、車は出ずでまるでいい所無し。
荒井は何であんな絶好の展開で、慌てて番手捲り打つのか不思議でしょうがない。

11R★決勝戦、行きっぷりの悪いのやらハイエナみたいな選手だらけの細切れ戦。
最終日こそ地元のエース高木隆弘を引き連れて海老根恵太が逃げるか、それとも記念初優出、伊藤健二が先行含みの自力コメントを出し、GPチャンプ加藤慎平を連れてカマスか。捲りに構えそうなのは、伏見俊昭、有坂直樹の東北勢、澤田義和、小川圭二の西ライン。単騎で穴は新田康仁。
ここは、地元戦滅法強い高木、展開向きそうな東北勢、単騎の新田を絡めて。
-ΝЛ-ΝЛ =-´↓

明日は本場参戦!携帯から現地リポートあり?

2006年04月28日

川崎競輪G3『桜花賞・海老澤清杯』 二日目

狙えそうな好調選手が見当たらず、なんとなく嫌な感じがした二日目の二次予選。結果はこちら、全体的に荒れ模様です。

5R、同期対決なく、臼井昌巨の先行、4番手土屋裕二の捲りに合わせ八日市屋浩之が出て行く。6番手須賀和彦が大外捲り追い込みで1着。
6R、打鐘4角からホーム、北津留翼と小埜正義で主導権争い。北津留が突っ張り切るもバックで再度小埜が踏み上げるが、豊岡弘にブロックされ終了。川崎健次はインから中々出られず、足余して負け、北津留が辛くも逃げ切る。
7R、前日落車の谷津田将吾が今日も主導権、森川剛もホームから早めに巻き返すが佐藤幸博に一発貰って失速。勝瀬卓也が切り替えて谷津田の後位縺れる。松田孝志、米澤大輔の四国コンビが一気に捲りワンツー。
8R、前受け渡邉一成以下東北ラインを打鐘で中村美千隆が叩くもすかさず4角から三ツ石康洋が前に出る。ホームで一気に渡邉が発進、8番手新田康仁の捲りに合わせ三石も捲るが、渡邊番手の有坂直樹が抜け出す。
9R、打鐘上昇の太田真一を荒井崇博突っ張り先行体勢。ホームから一気に五十嵐力が発進。荒井と五十嵐がやり合ってる隙に内から山田幸司が抜け出す。再度五十嵐が踏み上げ五十嵐-山田-荒井に。直線山田が交わし1着。
10R、赤版から武田豊樹を抑え、打鐘から先行の金子貴志。ホームで後ろ見ながらマイペースに。7番手に置かれた武田は、新車のテストの為、先行する気まるで無し!終始金子ペースで中部ワンツー。
11R、打鐘前から伏見俊昭が突っ張って海老根恵太を出させず先行。1Cから発進の海老根が捲りきり、高木隆弘とのワンツーかと思いきや、外側、川崎で一番伸びるコースを伊藤正樹が強襲し突き抜ける。

☆☆☆明日の予想☆☆☆
8R★準決勝C、新田の先行で佐々木龍也の抜け出し有力も、岩津裕介の絡みが怖い。
-↓-↓きΝ

9R★準決勝B、渡邊のダッシュに小川圭二離れ、武田か澤田義和が嵌る。
-↓キ-↓キ─´-キ┃-キ┃

10R★準決勝A、超難解。

11R★準決勝A、海老根の先行ここも無しで、北津留使う荒井が番手捲りか。
=-

2006年04月27日

川崎競輪G3『桜花賞・海老澤清杯』 初日

昨年同様、自力型の連絡みと地元選手の活躍が目立った初日だが、明日は流れが一気に変わるか。期待していた、金子貴志、渡邉一成、北津留翼は世界戦帰りとかで動き良くない。全体的に特に強い印象を受けた選手はいないが、地元勢はやっぱり特注だな。

5R★二次予選B、須賀和彦、臼井昌巨の同期対決で叩き合い必至ならば、土屋裕二の捲りか、小谷田公則の捲りが決まる。
=-´Ν─´=-´キ

6R★二次予選B、人気になりそうな新人北津留翼の調子が今ひとつ。ただ、この程度のメンバーで勝てないと・・・。

7R★二次予選B、気合良く先行した谷津田将吾だがゴール寸前で落車し割り引き。ここは、地元両者で!
=-き

8R★二次予選A、渡邉一成のダッシュに離れた有坂直樹、ちょと動きが悪いのが気になる。ここは、川崎巧く走る新田康仁から。
=-´↓キ

9R★二次予選A、主導権は地元五十嵐力、先輩山田幸司を連れて果敢に先行。太田真一、荒井崇博で中団の争いになるか。荒井は特選で武田豊樹と先行争いし、武田を出させなかった。動きは悪くなさそうで一気に行く可能性も。荒井、小川圭二、地元の山田とのボックスで。
==

10R★二次予選A、西武園で復活したかに見えた武田豊樹だが、荒井を叩けず動き今ひとつ。金子貴志もレースに気迫がない。両者が叩き合いになれば、着は悪いがレースの流れに乗っていた友定祐己、吉永好宏の一発もあるか。

11R★優秀、特選は展開が向いた海老根恵太、6着までに入れば準決Aに行けるここは、地元の高木隆弘、佐々木龍也を連れて先行だろう。
=-´

とりあえず予想を書いてみたが、主力になる自力選手の調子が今ひとつ掴めない・・・。

2006年04月26日

川崎競輪G3『桜花賞・海老澤清杯』

明日から始まる川崎記念、桜なんてとっくに散ったこの時期に桜花賞とは如何なものか。
昨年の初日は自力選手の連絡みが多く、地元の若手の活躍も目立った。同じような決まり手が続く事があるので1Rから注意して見ておかないと。そして、前半戦に出てた桜花賞名物?『桜色』の車券も特注(笑)。

2006年04月25日

高知けいりん最終日

11R決勝戦強力2段駆けの構え中部ラインを栗田雅也が先に仕掛け、すんなり行かせない展開に。栗田は佐藤慎太郎との2車だけに後手踏まされ、カマシか、捲りにまわされ、どちらでも不発になる読んでいたが・・・。予想に反して思い切って先行し、見せ場は作ったってとこか。
前を回った坂上がバックで佐藤に一発貰って沈み、すかさず自力で出て行った小嶋敬二、きれいに捲りきってるだけに普通は優勝なんだろうけどねぇ。
今回は、兵藤一也が強かった。

2006年04月24日

高知けいりん三日目

ん〜どうなんでしょう、この決勝メンバー
個人的にはあまり興味が沸かない決勝戦になった。

三日間のレース内容から、兵藤一也が一番出来いい。次いで小嶋敬二。自在に立ち回って動きいい坂上樹大が先頭の中部3車に栗田雅也、佐藤慎太郎の東ラインがどこまで抵抗できるかなぁ…。
坂上、栗田が叩き合ったら面白いけど。
普通に考えたら小嶋の優勝濃厚だな。

2006年04月22日

G3高知けいりん【よさこい賞】

初日好走の選手、特選から。
9R西武園記念いいとこ無しだった菊地圭尚。矢口啓一郎のカマシ番手に嵌ったが、内から追い上げてきた兵藤一也を凌いでの1着。兵藤も無理してどかさなかった感ある。二日目以降の自力勝負見て見ないとわからないが・・・。

10R吉田敏弘はマイペースで駆け、捲らせず3着でまあまあ。番手の不調前田拓也は恵まれで、3番手から頭まで突き抜ける勢いだった古原勝己が伸びいい。

11R位置取り上手く豪快に捲った小嶋敬二、番手濱口高彰差されず復調か。位置取り下手な地元佐々木則幸との中団争いだからたいした評価は出来ないが、出足はまあまあ。。

予選からは、2Rの加藤剛が逃げ切りで好調。

2006年04月18日

G3西武園競輪決勝戦

東北勢の作戦に期待したが、何も出来ず・・・。
武田豊樹のカマシでライン3車抜け出し、最後は中割った大塚健一郎が記念初優勝。

11R★決勝戦前受け石毛克幸ライン、中団武田ライン、後方に東北勢。赤版から武田を抑える齋藤登志信、岡部芳幸が武田に頭ぶつけてちょいちょいからむ。打鐘過ぎ前に出て先行体勢に入る齋藤、武田の動きに合わせて踏み込むも出遅れ、一気にカマシが決まる。切り替えた岡部が3角捲るも伸びず。武田のかかりも良く兵藤一也とのワンツーで決まるかと思ったが・・・。
齋藤の作戦は、やっぱり先行と見せかけての飛び付き狙いだったようだ。どちらかがカマシてくれば3番手が切れて、そこに収まるか最悪3番手で粘り、自分が死んでも岡部に自力で行かせる作戦だったのだろう。

9R順位決定B、赤版から位置取り争うアウト村上義弘とイン平原康多。結局平原引かず、打鐘からもがき合い。外踏む村上遅れ平原番手の峠祐介と小競り合い。村上番手に嵌るも早めに踏み出しインから新藤敦に掬われ終わり。平原は3着に残る。
連日、自らが外から攻めているのか、外を回されているのか・・・。村上にはまだまだ課題がいっぱいで調整中ってところかな。

2006年04月17日

G3西武園競輪「ゴールド・ウイング賞」

今節3日間不参加も明日の最終日は参戦予定。
今日の準決から印象に残ったレースを。
10R準決Aでは、お互い力勝負で臨んだ、村上義弘と武田豊樹の先行バトル。結果は石毛克幸の捲りが決まったが、こういうレースは、見ていて気持ち良い。
赤板から打鐘まで村上、武田で互いに牽制しながら上昇。打鐘で一気に武田が先行体勢、村上3番手に納まるも、ホームですかさず巻き返す。先行争い続くも、武田のかかり良く、村上3角でいっぱいに。後方待機の石毛が鮮やかに捲り、渡邉晴智が交わす。この展開で3着に残った武田は復調気配、村上との先行争い制し、3着に残った事で大きな自信になるだろう。

11R★決勝戦
東北勢、岡部芳幸、齋藤登志信の並びが初日とは逆になり齋藤が前に。武田、兵藤一也の関東コンビの後ろに大塚健一郎、南関の後ろに吉岡篤志。自力出していない齋藤が先頭の東北勢が何かしそうだが、齋藤の先行から2段駆けまではないと思う。主導権は武田に取らせ、中団取りに動き石毛のカマシを誘う手か、流れでは飛び付きも考えられる。いずれにせよ、復調気配の武田の番手兵藤が有利と見てここから。
=-きキА´=-↓

9Rの順位決定Bで、村上と平原康太の激突!負け戦ながらも玉野記念の再戦だけに注目したい。

番外・・・ルーキー芦澤大輔が加藤慎平を抜いて事故点王に!

2006年04月13日

明日の競輪

函館競輪では、藤巻兄弟の冠名が付いたF1戦が行われてる。藤巻昇氏の弟子、明田春喜が決勝に駒を進めているが果たして・・・。
11R★決勝戦
4人揃った東北勢だが、果たして連係するのか、それとも福島の森田達也、佐藤慎太郎と北海道の明田、俵信之で別線になるのか。他にも自力いて細切れになりそうだが・・・。
東北別線になっても何かしら作戦があるだろう。佐藤が真剣に走れば優勝だろうが、ここは、地元勢に花を持たせるか。
=-´

小田原競輪は、ようやくネット中継が始まったとか。元ホームバンクのここも久しく行ってないが・・・。
9R★S級選抜
今年かなりの勝ち星を挙げている松岡健介が苦戦の模様。自力多く難解でどこからでも狙えそうな一戦。ここは、器用な足ある土屋欣弘から。
-= ´=-´↓
11R★決勝戦
地元戦めっぽう強い高木隆弘が主役も、好調高城信雄も動きよく侮れない。主導権は五十嵐力、中団を稲村成浩と高城が取り合う様なら前で決まるか。
== =-↓きА´--↓

2006年04月11日

ふるさとダービー小松島 優勝一丸安貴!

場外に出かけるつもりだったが、雨の中行くのも難なんで、結局ネット投票に。
本日、6R7R9R11Rに参戦も全敗。
6Rは、中村美千隆を軸に、調子落ちの中井達郎の捲り不発でも突っ込んでくる渡邊秀明、中村浩士と地元の川口秀人を絡めた車券で勝負。前3日の悪さからは想像できないびっくりするような中井の捲りで決着。
7Rは、好調そうな井上辰也、山田幸司、伊藤正樹等を狙ったが、捲った伊藤正樹の番手爲田学が交わす結果に。

雨なのに捲りが決まって、前で駆けた選手が残ってるなぁ等と思いつつ8Rを見する。ここも絶体絶命かと思われた小嶋敬二が、山口幸二を千切って豪快に捲り1着。浦山一栄の番手から出た小林大介が2着に。
そして、9R。金山栄治の主導権は間違いない。山崎芳仁ラインは前受けからの競走なら中団を矢口啓一郎と取り合う形になる。ならば、金山ラインの4番手にいそうな単騎の舘泰守の一発ありと見てここから狙う。結果は、僅かに届かず・・・。

11R決勝戦
スタート取った神山雄一郎、3番手に志智俊夫以下中部勢、その後ろに小倉竜二、7番手からは海老根ライン。
打鐘で上昇の海老根、スローペースに持ち込み後位はイン神山アウト有坂直樹で競り。ホームでペースを上げるも、志智も同時にスパート。バック過ぎ志智出切ったかに見えたが、海老根もしぶとく、4角までもがき合い。志智番手の一丸が抜け出し優勝、2着に俊敏に切り替え鋭く突っ込んだ地元の小倉、どこからきたのか、もの凄い伸びで諸橋愛が3着に。

志智には最終的に海老根の番手に追い上げるレースを期待したが、あの勢いで行ったら、まぁしょうがないだろう。
なかなか見応えのある良いレースだったと思う。

2006年04月10日

G2ふるさとダービー小松島三日目

大雨と選手泣かせの強風。悪コンディションに結果も荒れ気味の三日目。狙った6Rは、渡辺一貴が南関ラインの3番手に付いた為、加倉正義が小林大介の番手戦に挑む。加倉はキッチリ取りきり、捲ってくる中井達郎を止めて、直線追い込むも、中割って突っ込む西川親幸に交わされ2着。準決勝戦は、有力選手が揃って敗退、大波乱の結果に。

=明日の予想=
11R決勝戦
海老根恵太の先行一車同然のメンバーだが・・・。海老根の先行一車というと、競輪祭の決勝戦を思い出す。この時は、番手が大競りになり、吉岡の捲りに乗った小倉竜二が優勝。今回も後位は縺れそうだが、どういう形の番手戦になるのか?、そして中部勢の作戦は?
絞り辛く難解だが、展開有利に見える海老根、足ためて一発狙う地元小倉、そして好調志智俊夫が狙い目。海老根が捲りの展開で不発でも有坂直樹特注。
==
=-ΝЛ

2006年04月09日

G2ふるさとダービー小松島『阿波踊り賞』

打鐘から主導権を取り、ラインでワンツースリーを決める完璧な競走を見せた東北勢に、佐々木則幸は成す術無く・・・。
阿波踊り賞結果

快調に逃げる山崎芳仁との車間を大きく切る余裕の伏見俊昭。捲ってくる佐々木に併せキッチリ追い込み1着、逃げた山崎も3着に残す。東王座の決勝も見事だったが、今回の競走も完璧だ!それに引き換え、まったくもって意味の分からん佐々木の中団からの競走。山崎、伏見の強力自力選手が並ぶ東北勢を行かせて本気で捲れると思ってたのだろうか?準決フリーパスの戦いで、地元連れて先行出来なかったり、2段駆けもある強力ライン相手に毎回策無く負けるあたりが、もうワンランク上にいけない理由か。

明日の狙い目
6R先行一車小林大介の後位、番手戦身上の渡辺一貴が狙えば縺れるか。初日好捲り決めた加倉正義が動き良く狙い目。最終的に追い上げるか捲りで決着だろう。中井達郎の捲りも注意!
--↓きА´--↓Л

2006年04月08日

G2ふるさとダービー小松島

明日の阿波踊り賞展望。
初日先行2着逃げ粘った山崎芳仁、小嶋敬二を内に封じ込めてマイペースに持ち込むあたり実に上手い。これに続く伏見俊昭、有坂直樹の東北勢が強力で本線。対するは地元競輪王小倉竜二を連れての佐々木則幸、3番手には村本大輔がライン固める。神山雄一郎先頭の関東ラインが中団狙いか。
相手が2段駆あると分かっていても毎度策無い佐々木、ワンパターンの引いてカマシか捲りじゃ東北勢と勝負にならない。地元地区だけに準決フリーパスのここは、小倉を連れてドンと行ってもらいたいものだ。佐々木が苦手の抑え先行すれば、山崎との先行争いもあり、縺れる可能性も。自力匂わす神山だが、調子疑問。ここは、地元3割増し小倉、山崎番手の伏見、好調有坂が狙い目。
==
=-Ν


村本の突っ込みが要注意。

その他の好走選手は加倉正義、志智俊夫。

2006年04月07日

豊橋競輪F1&取手競輪F2決勝戦

豊橋決勝は、先行する吉川誠、法月成祐の3番手取りきった佐々木雄一がバックで捲りゴール前小橋正義が交わして優勝。2着に佐々木、3着に大竹慎吾。
大竹が東のラインの3番手回ったことで、調子の悪い永井清史は捲り狙いになり、3番手に拘ったのか。こんな展開じゃ、その後ろに付いていた橋本強、岩津裕介は出番なし。

取手決勝は、芦澤大輔が決勝戦3場所連続の同じ戦法やりやがった(笑)そして、川崎に続いてまたしても番手に交わされた。何かキレ悪いし、同じ事ばかりしてるし、練習してないんじゃないの?

2006年04月06日

豊橋競輪F1&取手競輪F2決勝予想

最近競輪を休んでるので更新してなかったが、明日は、豊橋決勝と取手の決勝参戦予定の為予想でも。

豊橋競輪★11R決勝戦、永井清史に地元今泉元嗣、大竹慎吾がこの3番手か。吉川誠、法月成祐の神奈川勢、佐々木雄一に小橋正義が付け、 橋本強に岩津裕介中四国ラインの4分戦になりそう。
永井は調子落ちで、吉川は川崎程ではない。佐々木はピンピンで勝ち上がってるが、これは出来すぎで決勝は消し。
ここは、川崎でも好走していた人気薄の橋本から狙いたい。
理由は、初日特選の競走で、最終回ホーム3番手に入れたものをすかさず仕掛けて押し切ったり、準決捲り上げてバック3番手を確保出来たにもかかわらず、休まず踏み、ブロックされながらも2着に食い込んだからだ。レース内容からすると、もうちょっと頭使えと言いたいが、捲り屋のクセに長い距離踏めたり、ブロックされてもしぶといので一発の魅力は充分。筋の岩津への折り返しから3着に法月、大竹、小橋で。
=-Л┃

取手競輪★10R決勝戦、ここはもちろん最近お気に入りの芦澤大輔で。キレ今一の様な気もするが、3場所連続のインから番手を退かしての捲りで決着か?
--´↓キΝ --´↓キ┃

2006年04月02日

全国F1競輪

平塚では、村上義弘、手島慶介、中川誠一郎。名古屋は吉田敏洋。岸和田には、吉岡稔真、兵藤一也。ずいぶん良いメンバーが走ってる!知らなかったよ。