2006年04月10日

G2ふるさとダービー小松島三日目

大雨と選手泣かせの強風。悪コンディションに結果も荒れ気味の三日目。狙った6Rは、渡辺一貴が南関ラインの3番手に付いた為、加倉正義が小林大介の番手戦に挑む。加倉はキッチリ取りきり、捲ってくる中井達郎を止めて、直線追い込むも、中割って突っ込む西川親幸に交わされ2着。準決勝戦は、有力選手が揃って敗退、大波乱の結果に。

=明日の予想=
11R決勝戦
海老根恵太の先行一車同然のメンバーだが・・・。海老根の先行一車というと、競輪祭の決勝戦を思い出す。この時は、番手が大競りになり、吉岡の捲りに乗った小倉竜二が優勝。今回も後位は縺れそうだが、どういう形の番手戦になるのか?、そして中部勢の作戦は?
絞り辛く難解だが、展開有利に見える海老根、足ためて一発狙う地元小倉、そして好調志智俊夫が狙い目。海老根が捲りの展開で不発でも有坂直樹特注。
==
=-ΝЛ

trackbacks

trackbackURL: