2006年04月27日

川崎競輪G3『桜花賞・海老澤清杯』 初日

昨年同様、自力型の連絡みと地元選手の活躍が目立った初日だが、明日は流れが一気に変わるか。期待していた、金子貴志、渡邉一成、北津留翼は世界戦帰りとかで動き良くない。全体的に特に強い印象を受けた選手はいないが、地元勢はやっぱり特注だな。

5R★二次予選B、須賀和彦、臼井昌巨の同期対決で叩き合い必至ならば、土屋裕二の捲りか、小谷田公則の捲りが決まる。
=-´Ν─´=-´キ

6R★二次予選B、人気になりそうな新人北津留翼の調子が今ひとつ。ただ、この程度のメンバーで勝てないと・・・。

7R★二次予選B、気合良く先行した谷津田将吾だがゴール寸前で落車し割り引き。ここは、地元両者で!
=-き

8R★二次予選A、渡邉一成のダッシュに離れた有坂直樹、ちょと動きが悪いのが気になる。ここは、川崎巧く走る新田康仁から。
=-´↓キ

9R★二次予選A、主導権は地元五十嵐力、先輩山田幸司を連れて果敢に先行。太田真一、荒井崇博で中団の争いになるか。荒井は特選で武田豊樹と先行争いし、武田を出させなかった。動きは悪くなさそうで一気に行く可能性も。荒井、小川圭二、地元の山田とのボックスで。
==

10R★二次予選A、西武園で復活したかに見えた武田豊樹だが、荒井を叩けず動き今ひとつ。金子貴志もレースに気迫がない。両者が叩き合いになれば、着は悪いがレースの流れに乗っていた友定祐己、吉永好宏の一発もあるか。

11R★優秀、特選は展開が向いた海老根恵太、6着までに入れば準決Aに行けるここは、地元の高木隆弘、佐々木龍也を連れて先行だろう。
=-´

とりあえず予想を書いてみたが、主力になる自力選手の調子が今ひとつ掴めない・・・。

trackbacks

trackbackURL: