2006年04月25日

高知けいりん最終日

11R決勝戦強力2段駆けの構え中部ラインを栗田雅也が先に仕掛け、すんなり行かせない展開に。栗田は佐藤慎太郎との2車だけに後手踏まされ、カマシか、捲りにまわされ、どちらでも不発になる読んでいたが・・・。予想に反して思い切って先行し、見せ場は作ったってとこか。
前を回った坂上がバックで佐藤に一発貰って沈み、すかさず自力で出て行った小嶋敬二、きれいに捲りきってるだけに普通は優勝なんだろうけどねぇ。
今回は、兵藤一也が強かった。

trackbacks

trackbackURL: