2006年05月11日

大宮競輪F1戦決勝

地元の吉田勇人の先行一車、番手は小沼良と西川親幸で競りに。穴党には魅力たっぷり沼川夢久が前日捲りを出し3着に粘り好気合。後ろに笹川竜治、静岡の2車も付け、4番手からなら優勝も充分、狙い目は沼川、笹川、吉田の3車ボックスに。
最終回バックで再三チャンスがあったにも拘らず沼川動けずに吉田の筋で決着。優勝を意識しすぎたのか八百長だかわからんが・・・。筋の3連単で11,120円かぁ、地元戦だし格下でも小沼がマークは取りきるとは思っていたが・・・いい配当ですね。結果

初日揃って敗退した名古屋競輪F1戦の須賀和彦、奈良競輪F1戦の佐野梅一が今日は揃って1着。

trackbacks

trackbackURL: