2006年05月03日

岸和田競輪G3『岸和田キング杯争奪戦』二日目

昨日のスポーツ新聞の格闘技欄にHER0'Sミドル級王者の山本“KID”徳郁が競輪用の自転車を使って足腰を鍛えたなんて記事が載ってた。今日のKIDの試合・・・4秒で勝利って。ゴングと同時にダッシュしてジャンプして膝蹴り決めてたが、競輪用自転車での練習の効果あり? KID競輪トレで下半身強化!KO狙う

昨日挙げた好調選手が今日も活躍していたが、明日はどこも激戦の準決勝、果たして?

8R☆準決勝C
ずらり揃った自力型。これだけ動く選手いるとどこからでも狙えそうで難解だ。好調の乾準一に小嶋敬二、海田和裕が付けて中部近畿ライン結束か。池崎太郎に稲村成浩が付け、金成和幸には黒田直記。石丸寛之と園田匠の位置がわからないが・・・。
主導権は乾が取りそうだが、番手に小嶋が付けるとすると、器用な足ある金成あたりが狙うのでは?また、池崎あたりも早めに動き乾の番手に嵌る可能性もある。波乱の要素あるが、ここは復調した小嶋を信じて。
--きЛ

10R☆準決勝A好調外山三平、山崎芳仁の88期対決だが、レースの巧さでは山崎に分がある。また、目標無い選手もいて、番手が縺れる可能性あり。自力両者を頭にそれぞれ。
-´-´↓Α´-↓-´↓

11R☆準決勝A
ここも好調自力型揃った3分戦。吉田敏弘、矢口啓一郎の主導権争いは興味深い。両者とも積極的で叩き合いになれば佐野梅一の出番もあるか。両者番手からと佐野の一発。
=-´↓Ν =-

trackbacks

trackbackURL: