2006年05月04日

岸和田競輪G3『岸和田キング杯争奪戦』三日目

自力型揃った準決Cからは、乾準一に付けた小嶋敬二が辛くも1着。準決Bは、ホームカマシの近畿コンビでワンツー。10R準決Aは、打鐘から行く気満々の外山三平が主導権、三宅伸の捲り不発も大外山崎芳仁が届く。11R準決Aは、好調矢口啓一郎のロング捲りが決まる。
詳細レポート

11R☆決勝戦
地元近畿勢が4車揃って有利、他の自力型も揃って好調で強力だが、ライン短くそれぞれの思惑は、5番手からの捲りか。
ライン長い近畿勢本線だが、番手の前田拓也がいまいちで狙いを下げたい。マイペースで駆けた時の高城信雄が怖い。特注は、単騎でも勝てそうな矢口。
-´↓-´↓Α´=-´↓

今節の岸和田はピックアップした選手が活躍して見ていて楽しい。最終日も順位決定、特選と狙っていきたい。

trackbacks

trackbackURL: