2006年05月05日

岸和田最終日、明日から大垣競輪G3『水都大垣杯』

この所、記念競輪が続いてるが・・・。本日岸和田記念が終わって明日から大垣記念と連続開催、毎日忙しくて楽しいねぇ・・・。

岸和田記念決勝戦。4車で有利と思われた近畿勢だが、山崎芳仁の巧みなレース運びに翻弄され、揃って敗退。単騎で走った矢口啓一郎は周回中じっと足を溜め、最後に大外捲ったがあと一歩届かずの2着。山崎番手の大塚健一郎が恵まれて優勝、西武園記念に続き連覇。

11R★決勝戦前受け山崎を赤版過ぎに小嶋敬二がイン切り、山崎3番手に。打鐘過ぎ、後方からカマシ狙って上昇してくる高城信雄に合わせて山崎も発進。高城が、躊躇してしまい小嶋の外併走に。バックで踏み直し捲り上げるも大塚に一発貰って撃沈。空いたインを小嶋が突っ込むもこれも大塚に決められる。最後方から大外捲った矢口のスピード良く、突き抜けるかとも思われたが、わずかに届かず残念。
このレース特筆すべきは、他県の大塚が付け、2車とライン短く、分が悪いながらも主導権取った山崎の先行テクニック。高城の巻き返しが早めに来ると読んで、自ら先に動き、小嶋を3番手インに閉じ込めながら高城を前に出させない見事な先行。G2制覇は伊達じゃない。

trackbacks

trackbackURL: