2006年06月20日

G3高松競輪『玉藻杯争覇戦』最終日

ダイジェストも見ず最終日のみの参戦。
誰が出場しているのかも知らなかったが、かなり先行マニアな選手が出場していた。連日面白かったのでは?
印象的だったのは、6Rの長尾博幸、8R桑原大志。
7R金山栄治と藤田竜矢の先行争いも見応えあった。
決勝の伏見俊昭は落ち着いていて貫禄勝ちの感があった。連日先行したりと自力が良かったとか。

2006年06月16日

KEIRIN.JP

忙しい&ワールドカップで寝不足で競輪やる気が起こらず武雄記念は欠場し久々の参戦。
競輪ポータルサイトやネット投票が統合された『KEIRIN.JP』がオープンして初の投票。多彩な機能がついた操作画面でお好みのカスタマイズができ、便利になった部分もあるが、情報量が多くなった分重くならなきゃいいけど。なかなか投票が出来ない無いのが一番困るからねぇ。

2006年06月04日

高松宮記念杯競輪 決勝戦 山崎芳仁優勝!

前受け井上昌己を打鐘4角発進の山崎が叩く。山崎ライン3番手、岡部芳幸の内で井上が粘る。3番手やり合ってる所を兵藤一也が追い上げ嵌る。山崎もかかり良く、直線詰め寄る佐藤慎太郎を振り切り見事G1初優勝。
もう少し縺れるかとも思ったが、だいたい予想の範疇だった。準決の走りを批判されてた岡部は簡単に下げなかったが、やっぱ横は弱すぎ。井上の3番手イン粘りは中途半端。
今回のレースの様に3番手だけ縺れる展開予想したら佐藤の頭から厚めに勝負しただろうな。まぁ、結果オーライ(笑)

2006年06月03日

高松宮記念杯競輪  準決勝・・・内林久徳引退

準決勝終了後に内林久徳が引退表明したそうです。近畿屈指のガッツマーカー、失格、落車に泣かされ続け(客も)念願のG1全日本選抜決勝戦を制覇。今節も調子良く、まだまだ引退するには早いと思われますが・・・。地元G1失格のおまけ付きで引退、内林らしい引き際かな(笑)
お疲れ様でした。

準決は10Rのみ参戦。佐藤慎太郎、兵藤一也、合志正臣、武田豊樹の4車BOXで勝負。結果は武田の予想外の突っ張り先行に村本大輔の強襲で撃沈。

決勝戦も、山崎芳仁の先行一車みたいな形だ。目標無い村本、兵藤、2日目粘った井上 昌己が後位狙う可能性あり縺れるのは必至だ。3番手の岡部芳幸は自力が出てる分、狙われたら下げるだろう。山崎、慎太郎からと縺れた時の岡部の一発。穴で山口富雄を狙う。

2006年06月01日

高松宮記念杯競輪  青龍賞・白虎賞

相互リンクでお世話になってる競輪絵師竹田栄治さんがネット中継に出演されてました。何ともゆる〜い感じの中継になってて楽しいです(笑)

青龍賞 圧倒的に有利と見られた北日本勢を平原康多が見事分断!狙うならそこしかない、渡邊一成の番手で粘り、伏見俊昭を飛ばす。競りで足使った分直線タレて手島慶介、兵藤一也に抜かれたがお見事。

白虎賞 市田佳寿浩の番手を小野俊之にあっさり取られた澤田義和が自力で捲り、あっと驚く近畿作戦で市田の前へ。後続縺れ市田、澤田で近畿ワンツー決まる。最終的に市田の番手で競った小野と有賀高士。有賀を落として小野が失格になったが、小野だけ失格ってのはどうなんだろう?むしろ有賀の技術に問題があるような気がするが・・・。