2006年06月20日

G3高松競輪『玉藻杯争覇戦』最終日

ダイジェストも見ず最終日のみの参戦。
誰が出場しているのかも知らなかったが、かなり先行マニアな選手が出場していた。連日面白かったのでは?
印象的だったのは、6Rの長尾博幸、8R桑原大志。
7R金山栄治と藤田竜矢の先行争いも見応えあった。
決勝の伏見俊昭は落ち着いていて貫禄勝ちの感があった。連日先行したりと自力が良かったとか。

trackbacks

trackbackURL: