2006年06月01日

高松宮記念杯競輪  青龍賞・白虎賞

相互リンクでお世話になってる競輪絵師竹田栄治さんがネット中継に出演されてました。何ともゆる〜い感じの中継になってて楽しいです(笑)

青龍賞 圧倒的に有利と見られた北日本勢を平原康多が見事分断!狙うならそこしかない、渡邊一成の番手で粘り、伏見俊昭を飛ばす。競りで足使った分直線タレて手島慶介、兵藤一也に抜かれたがお見事。

白虎賞 市田佳寿浩の番手を小野俊之にあっさり取られた澤田義和が自力で捲り、あっと驚く近畿作戦で市田の前へ。後続縺れ市田、澤田で近畿ワンツー決まる。最終的に市田の番手で競った小野と有賀高士。有賀を落として小野が失格になったが、小野だけ失格ってのはどうなんだろう?むしろ有賀の技術に問題があるような気がするが・・・。

trackbacks

trackbackURL: