2006年06月03日

高松宮記念杯競輪  準決勝・・・内林久徳引退

準決勝終了後に内林久徳が引退表明したそうです。近畿屈指のガッツマーカー、失格、落車に泣かされ続け(客も)念願のG1全日本選抜決勝戦を制覇。今節も調子良く、まだまだ引退するには早いと思われますが・・・。地元G1失格のおまけ付きで引退、内林らしい引き際かな(笑)
お疲れ様でした。

準決は10Rのみ参戦。佐藤慎太郎、兵藤一也、合志正臣、武田豊樹の4車BOXで勝負。結果は武田の予想外の突っ張り先行に村本大輔の強襲で撃沈。

決勝戦も、山崎芳仁の先行一車みたいな形だ。目標無い村本、兵藤、2日目粘った井上 昌己が後位狙う可能性あり縺れるのは必至だ。3番手の岡部芳幸は自力が出てる分、狙われたら下げるだろう。山崎、慎太郎からと縺れた時の岡部の一発。穴で山口富雄を狙う。

trackbacks

trackbackURL: