2006年06月04日

高松宮記念杯競輪 決勝戦 山崎芳仁優勝!

前受け井上昌己を打鐘4角発進の山崎が叩く。山崎ライン3番手、岡部芳幸の内で井上が粘る。3番手やり合ってる所を兵藤一也が追い上げ嵌る。山崎もかかり良く、直線詰め寄る佐藤慎太郎を振り切り見事G1初優勝。
もう少し縺れるかとも思ったが、だいたい予想の範疇だった。準決の走りを批判されてた岡部は簡単に下げなかったが、やっぱ横は弱すぎ。井上の3番手イン粘りは中途半端。
今回のレースの様に3番手だけ縺れる展開予想したら佐藤の頭から厚めに勝負しただろうな。まぁ、結果オーライ(笑)

trackbacks

trackbackURL: