2006年07月04日

G1寛仁親王牌・最終日

何とも・・・3着が当たらない。

4Rから参戦。井上昌己の捲りに金古将人千切れ、別線の番手稲村成浩、三宅達也、岩津裕介あたりが残ると読んでの車券。
金古がんばって離れず・・・。
6R、稲垣裕之、吉岡稔真で折り返すも、稲垣番手競ってた坂本英一、渡辺十夢は蹴飛ばし、加倉義正、東北勢へ。
7R、初日好走、金子貴志で勝負。小野俊之のバカが千切れる・・・。成田和也よりも金子の方が先行する可能性高いと見て小野の頭まで買ってしまった。
10R、ここも初日好走、小嶋敬二から。捲りと見て加藤慎平、齋藤登志信の前残り車券に。最終回ホーム、車間が空いたので入るかと思ったら行っちゃった。
11R、決勝戦。先行気配の山崎芳仁は、渡部哲男のカマシは読んでる筈。合わせるか、それとも行かすのかと悩む。それに捲り狙いの海老根恵太が控えているとなるとあまり早くは駆けられないだろう。
前日のカマシがあまりにも見事だった渡部がやっぱり気になる。ただ、G1初優出で優勝は考えにくい。番手の合志正臣が残るか。
山崎、佐藤の折り返しから合志の残り車券を買う。
山崎、渡部がやり合えば展開向きそうな海老根恵太、単騎の岡部芳幸からも少々。
そして動き良い地元手島慶介、後閑信一、両者からの狙い。特に準決の後閑の動きが抜群だったので、地元車券は多めに購入。
レースは、単騎岡部のおかしな戦法でぶっ壊れ、地元両者が捲る展開に。流れに上手く乗って捲った手島をゴール前、後閑が交わし優勝!2着に手島。3着に・・・佐藤。
お見事地元両者!おめでとう後閑!・・・が、2=7からの車券はたくさんあるも3は買ってない。クソッ!
岡部が内を掬った瞬間、何してんだコイツ?と思ったが、山崎の様子を見る限り、東北作戦では無いように思うが・・・果たして真相は?

決勝外して熱かったので、京王閣ナイターへ参戦。F2初日という事で勝負なんか出来ないが、
9R的中し、少しだけ戻す。

★マークが出た100万車券・・・取ってみたいなぁ。

trackbacks

trackbackURL: