2006年11月05日

ふるさとダービー防府

自在性NO.1、ガッツマン手島慶介が悲願のタイトル奪取。今節は調子良さそうに見えず、良くて2,3着だろうと思っていたが・・・。普段なら狙う選手だけに、買わずに残念。一周間違えたかの様な武田豊喜の先行、何も出来ずの東北+岐阜。全ての流れがが手島に向いた様だ。おめでとう!

6R、復調気配の永井清史。前日も対戦した石橋慎太郎とのダッシュ対決から狙う。先行煩い峠祐介もいる為、永井筋の車券も。離れながらも何とか追走出来た吉永和生が2着、峠が3着で10,680円。続く7R、岡村-飯尾の折り返しから3着流しを本線に、力で齋藤登志信、地元の富は初日こそ好気合だったが、昨日の踏み遅れた競走見て外した。ズバリ的中の筈が飯尾が痛恨の失格。捲ってきた富を牽制した際ハウスし車体故障。酷い牽制だった訳じゃなく、足が一杯でよけなかった富の方が悪いと思うが・・・。ここからケチがついた。10R、調子良い中村一将が先行と見て、渡邉一成のケツに嵌る展開予想。最終回見事に大熊千切れて渡邊-中村になるかと思いきや、ガシャガシャの音と共になぜか前田と中村が入れ代わってる?猛追した前田が渡邊を捕らえ1着、2着に粘った渡邊、3着中村も1着到達の前田が審議。前田の頭は買っていないので失格になってもらわないと困る。まぁ、派手に落としてるから失格だなと思っていると、何とセーフ。レース後のコメントで前田自身も失格かと思ったと語ってるのにふざけた判定だよ。

Recent Entries

  1. ふるさとダービー防府