2007年01月14日

大宮競輪 東日本発祥58周年記念 二日目

11R、S級優秀『賞竜賞』。菊地圭尚、伏見俊昭と機動型2車並び、2段駆けもある東北勢に、みすみす主導権を渡す筈が無い矢口啓一郎率いる群馬勢。後閑信一の頭からと、最終的に力で捲る小嶋敬二からの頭で勝負。予想通りの展開になるも小嶋番手の渡辺航平が痛恨のハコ3。大宮まで行って怒鳴り飛ばしてやりたいくらいです。

8R、二予A、初日先行粘り、捲る濱田浩司の2着に残った松岡貴久。合志正臣との折り返し勝負、抑えに近況絶好調の山田裕仁から狙う。合志楽勝かと思われたが、8番手3,4角イエローラインの外から捲り追い込む山田が一気に前団飲み込む強さ。絶好調!

明日の狙いは、11R準決A、好調揃った4枠両者が面白い。

trackbacks

trackbackURL: