2007年04月30日

平塚記念初日

初日は特選だけをライブで様子見。
小嶋敬二、山崎芳仁の強さは言うまでもないが、海老根恵太の動き良く戻ってる。

それにしても、3月にダービーやって、今度は記念。
しかも湘南ダービーって。
なんだかな。

2007年04月29日

西武園記念最終日&いわき平F1戦

西武園記念最終日、8Rのみ参戦。
今節、着が悪い佐々木則幸だが、このメンバーなら負けられない。
カマシになるか捲りになるか…どちらにしても後ろは離れるのでは?
別戦が嵌る車券で勝負。

またしても、狙いすぎ、すんなりラインで決着でした。
判断力が鈍ってると言うか、勘が悪いと言うか、嫌なパターンです。

いわき平、9R、白井一機、舘泰守の愛知勢から狙うも、その後ろにいた小宮剛が頭まで突き抜け3連単16万車券。
決勝戦、好調、地元岡部芳幸とこれまた好調、単騎の松田治之の折り返しから3連単、23479へ。
まったくノーマークの8番林栄司が3着にきて82,070円。

単騎の選手を狙う時は、3着流すのに何故絞ってる?まして2車単も買わずに。
しばらく競輪やる気が無くなりました。

2007年04月28日

名古屋F1戦

今日も西武園記念はやらずに名古屋のF1戦を。
10Rから、八谷誠賢の先行一車、後ろは大渋滞必死。
足溜めて一発ある堀政美から、単騎で何かやりそうな大熊正太郎へ。
最近スカッとした当たりが無い為か、ちょっと狙いすぎです。
先行一車でも八谷は無いと思ったが…。

2007年04月26日

熊本F1戦

西武園記念より熊本F1戦に。
大阪のブンブン先行乾準一に金田健一郎が付け、その後ろに濱口高彰が付ける中近ライン。
これは、濱口=金田で勝負しかないと・・・。

直線、ものすごい勢いで合志正臣が突っ込んできましたよ・・・2人の間に。

2007年04月25日

西武園競輪場開設57周年記念「ゴールドウィング賞」

明日から西武園記念開幕。G2だ、G3だ、F1だと開催が続き、食傷気味です。

2007年04月21日

G2ふるさとダービー観音寺・三日目

本日は、準決勝9R、渡部哲男、小倉竜二の折り返しに地元香川雄介の3着、四国ラインワンツースリーで勝負。兵藤一也は岩津裕介あたりに絡まれると見て蹴飛ばし、岡部芳幸、諸橋愛、平沼由充を押さえ。恵まれダービー2着男は要らないと思っていたが、巧く切り替えしぶとく3着に粘る。残念!

2007年04月18日

G2ふるさとダービー観音寺・観音寺競輪場

明日からふるさとダービー観音寺開幕です。メンバーを見てみると、東北勢を筆頭に東ラインが圧倒的に有利。西はろくな先行選手がいないなぁ。

2007年04月13日

武雄記念競輪 二日目

だったのですが、忙しいのもあって見送り。夜、四日市のナイターに参戦。決勝戦・・・とても不愉快でした。決勝戦ダイジェスト
良くある落車事故、自分が買ってる選手が落車してしまったって話ですが・・・。

2007年04月11日

武雄競輪場開設57周年記念「大楠賞争奪戦」

明日から開幕の武雄記念、メンバーの粒が小さい気がしますが・・・。いまいち気乗りしませんねぇ。

2007年04月08日

川崎記念競輪・桜花賞 最終日

決勝前売りのオッズ、渡邊晴智、五十嵐力の折り返しが一番人気に!そして小嶋敬二、前田拓也のラインが3番人気・・・。正直、驚いたし、怪しいと思った。いくら二段駆けがあるとは言え、このメンバーで南関が一番人気になるとは、これはもしや出来レース?

インタビューの映像を見てみると、五十嵐自身も地元記念初優勝にお膳立てが揃ったと口にし、肝心の前を走る海老根は、いつも通り自力とぼけた感じだったが、調子悪いし後ろが良い着取れればいいぐらいの気持ちで走るのコメントが本音の様だった。そして、3番手回る晴智の南関結束力は日本一のアピール。なるほど、五十嵐地元記念初優勝ムード漂ってるわ。

最終的には小嶋-前田が一番人気になったが、山崎芳仁-有坂直樹の競輪王&ダービー王が人気落ちとは・・・。信じられん!

[決勝戦レポート][ダイジェスト]
気持ち良く行った海老根、捲る小嶋、それに合わせた五十嵐のタイミングもドンピシャだったが・・・。最後は大ギアが決まった山崎が優勝を掻っ攫う。

2007年04月07日

川崎記念競輪・桜花賞 三日目

11R準決A、神山雄一郎が落車で脱落したが、その他は順当な勝ち上がりで主催者の喜ぶ顔が目に浮かぶ。上手い具合にメンバーが揃ったもんだ。

決勝は細切れ戦の模様。南関の並びが海老根恵太-五十嵐力-渡邊晴智の並び、2004年のヤンググランプリで五十嵐が前で駆け、番手捲りで勝った海老根が、その時の借りを返すのか?例え海老根が先行したとしても五十嵐が番手の競走出来る筈も無く、番手捲り打つ展開になれば恵まれるのは晴智か。ここは、力で小嶋敬二の捲りから晴智、有坂直樹、3着には五十嵐、山崎芳仁あたりも絡ませて。特注は、小嶋と山崎が意識しあった時の矢口啓一郎の一発に乗る小野俊之とその展開なら、三番手に嵌りそうな海老根の絡みが面白い。
-´-´↓きキ
=-↓き

2007年04月06日

川崎記念競輪・桜花賞 二日目

例年地元選手が活躍する桜花賞。今年も地元勢ががんばってますねぇ。4Rの久保俊高、成田直喜に番手捌かれ3番手に後退するも、直線差し交わして意地の1着。大きな歓声が上がってました。きっと他所の競輪場じゃこんな凄い力は出ないでしょうけどね!さすが、地元3割増しって感じです。それにしても二日目はジジイの活躍が目立ちすぎです(笑)

2007年04月05日

川崎記念競輪・桜花賞 初日

本日、特選10、11Rだけ参戦。ここまで、捲りが決まる流れに10Rももちろん小嶋敬二の捲りで決まりかと思いきや、見事な逃げ切りで圧勝。ブッ千切れてヒモは狂うと予想したためハズレも近況の小嶋の出来の良さを改めて実感。11Rは有坂直樹、王者の余裕の手抜き競走に助けられる。近況調子が良く、確かに強くなったが、番手戦が何か不安だ。追いつく自力があるとは言え、ちょっと絡まれただけで簡単に離れすぎ。追いつくのに一杯で今日は差せなかったか?いやいや直線はあきらかに踏んで無いでしょ。私は有坂の頭は買って無いので助かりましたが・・・。比較的に人気サイドで決まった感じの初日、二日目からは荒れそうな予感です。

2007年04月04日

川崎競輪場開設58周年記念「桜花賞・海老澤清杯」

明日から開幕の川崎記念桜花賞。競輪王・山崎芳仁、ダービー王・有坂直樹、小嶋敬二に神山雄一郎、小野俊之、渡辺晴智等々、いつもながら豪華なメンバーです。