2007年04月06日

川崎記念競輪・桜花賞 二日目

例年地元選手が活躍する桜花賞。今年も地元勢ががんばってますねぇ。4Rの久保俊高、成田直喜に番手捌かれ3番手に後退するも、直線差し交わして意地の1着。大きな歓声が上がってました。きっと他所の競輪場じゃこんな凄い力は出ないでしょうけどね!さすが、地元3割増しって感じです。それにしても二日目はジジイの活躍が目立ちすぎです(笑)

trackbacks

trackbackURL: