2007年04月08日

川崎記念競輪・桜花賞 最終日

決勝前売りのオッズ、渡邊晴智、五十嵐力の折り返しが一番人気に!そして小嶋敬二、前田拓也のラインが3番人気・・・。正直、驚いたし、怪しいと思った。いくら二段駆けがあるとは言え、このメンバーで南関が一番人気になるとは、これはもしや出来レース?

インタビューの映像を見てみると、五十嵐自身も地元記念初優勝にお膳立てが揃ったと口にし、肝心の前を走る海老根は、いつも通り自力とぼけた感じだったが、調子悪いし後ろが良い着取れればいいぐらいの気持ちで走るのコメントが本音の様だった。そして、3番手回る晴智の南関結束力は日本一のアピール。なるほど、五十嵐地元記念初優勝ムード漂ってるわ。

最終的には小嶋-前田が一番人気になったが、山崎芳仁-有坂直樹の競輪王&ダービー王が人気落ちとは・・・。信じられん!

[決勝戦レポート][ダイジェスト]
気持ち良く行った海老根、捲る小嶋、それに合わせた五十嵐のタイミングもドンピシャだったが・・・。最後は大ギアが決まった山崎が優勝を掻っ攫う。

trackbacks

trackbackURL: