2007年05月13日

第54回全日本プロ選手権自転車競技大会

昨日の全プロ記念競輪決勝は、4車揃った強力関東勢が上位独占。渡部哲夫もドンピシャのタイミングと良いスピードで捲ってきましたが、平原康多、武田豊樹の2段駆けを捲るのは無理でしたね。
6Rは村上義弘が高城信雄を捨てるのが早く、切り替えて続く稲村、鈴木に交わされる酷い競走。高城が不発と見たらすかさず行く作戦だったんだろうけど・・・もう少し待っても良かったかと。

今日は、競輪選手の運動会を初めて見ました。
感想は後ほど。

寛仁親王牌の特選シード権やら「日本競輪選手会理事長杯」出場シード権が得られるとあって、白熱したレース展開になる!とは微塵も思わなかったが、噂通りの滅多に見れない、追い込みマーク選手達の先行争いなど、笑えるケイリンを見せてもらった。

競技は淡々と進み、中継では現場が盛り上がってるかどうか等わからなかったが、こういうのも1年に1回ぐらいなら見ても面白いかと。

それにしても、いわき平競輪場は、金にもならない競技会の中継なんてよくやったな。
MCと解説の女性の話がうるさくて磯さんの実況が聞こえないのにはイライラ。

trackbacks

trackbackURL: