2007年06月05日

第58回高松宮記念杯競輪 決勝戦

意表をついて佐藤友和が打鐘過ぎに突っ張り、北津留翼に合わせる。躊躇した北津留は下がるも斎藤登志信の後輪に接触して落車。小嶋敬二の後ろにいた山田裕仁も巻き込まれる。目標失った荒井崇博が4番手に小嶋を入れる。岡部芳幸がすかさず追い上げ、決められた荒井は後退。小嶋が豪快に
捲ると岡部は離れ、あっという間に前段飲み込む。慌てて山崎芳仁が番手捲り打つも、届かず。

ダイジェスト

尋常じゃない強さの小嶋敬二に流れまで向き、勝つべき者が勝ったレースと言えるかな。
おめでとう。

小嶋コメント

trackbacks

trackbackURL: