2007年12月30日

KEIRINグランプリ07 王者 伏見俊昭

東北勢は、作戦ミスか、それともガチンコ勝負だったのか?

打鐘過ぎ前受け佐藤友和と山崎芳仁が一瞬もがき合うも山崎が叩いて主導権。
すかさず小嶋敬二が捲くって一人旅。渡邉晴智がまさかのブッちぎれ。
捲くりきった小嶋に伏見俊昭が切り替え、ゴール前見事に捉えて、2度目のグランプリ優勝。

小嶋は最高のタイミングで捲った。山崎が全開になる前に。
晴智が離れたのが痛いが、最高の競争だった。
それでも勝てないのが競輪。

結局、山崎の番手を回った選手が優勝という結果。
来年も山崎の尻は狙われそう。

決戦!KEIRINグランプリ07

いよいよ1年の総決算、1億円争奪KEIRINグランプリ。
オールスターでは競輪界の2強、小嶋VS山崎の戦いに期待したが、小嶋の怪我でパァ〜に。
全日本選抜決勝で対戦した2人だが、怪我から回復の小嶋は絶好調時に比べるといまいちだった。
明日のグランプリは完璧な状態であって欲しいが…。

まずは、今年の2強小嶋、山崎の力勝負。
折り返し狙うが、小嶋の状態がわからないのと、山崎は逃げても、絶体絶命の状況でも届いてくるイメージが離れないので山崎から厚めにいく。

特注で狙いたいのが3番手取りきってそうな手島の一発。


2007年12月28日

KEIRINグランプリ07…まずはヤンググラプリ

当然の事ながら全員自力選手、力拮抗でどこからでも狙え超難解。

狙うは番手選手から別線の先頭への筋違いで。

明日は飯野祐太から菊地圭尚、松田優一への折り返し。

=-↓きキЛ─´=-´きキЛ