2007年12月30日

KEIRINグランプリ07 王者 伏見俊昭

東北勢は、作戦ミスか、それともガチンコ勝負だったのか?

打鐘過ぎ前受け佐藤友和と山崎芳仁が一瞬もがき合うも山崎が叩いて主導権。
すかさず小嶋敬二が捲くって一人旅。渡邉晴智がまさかのブッちぎれ。
捲くりきった小嶋に伏見俊昭が切り替え、ゴール前見事に捉えて、2度目のグランプリ優勝。

小嶋は最高のタイミングで捲った。山崎が全開になる前に。
晴智が離れたのが痛いが、最高の競争だった。
それでも勝てないのが競輪。

結局、山崎の番手を回った選手が優勝という結果。
来年も山崎の尻は狙われそう。

trackbacks

trackbackURL: