2008年12月30日

競輪グランプリ08

正直、昨日のレースも一晩寝れば、良く覚えていない様な人間だが、近年稀に見るつまらないグランプリだったと思う。

小嶋・・・。
終わってるよ。

【KEIRINグランプリ08・レース経過】KEIRN.JP
スタートで飛び出したのは渡邉晴智と井上昌己だったが、内枠の利生かして渡邉が誘導後位に追い付き、平原康多を迎え入れる。
井上の前に永井清史−小嶋敬二の中部両者が入り、井上−三宅伸が続く。注目された北勢は山崎芳仁−伏見俊昭−佐藤友和の並びで周回が進んでいく。
7周回の長丁場だけに、淡々としたペースで周回を重ね、大観衆は固唾を呑んで動向を見つめる。
思いのほか、動きは早く、青板前から山崎が上昇し、永井のアウトに車を併せ牽制。
半周ほどその状態が続いたが、単騎の佐藤が踏み上げて平原を押さえ込むと、平原は引いて佐藤後位に。赤板では誘導の後ろに佐藤−平原−渡邉で、その後ろは内に永井−小嶋−井上−三宅、外に山崎−伏見。
打鐘前の二角で平原が佐藤を叩こうとするが、佐藤も突っ張り気味に踏み込む。打鐘寸前に引いた永井が打鐘過ぎの三角から一気にカマシを打つ。小嶋は離れ気味になりながらも懸命に追走、井上が続くも三宅は付け切れずに千切れた。
永井は佐藤も飛び付けない好スピードで逃げまくる。小嶋が離れ気味に追い掛け、井上が巧マーク。佐藤、平原も車間が空き気味に追い掛ける。
バック過ぎに永井に追い付いた小嶋がその勢いのまま番手まくり。四角を回ると小嶋追走の井上が一気に差し交わしてグランプリ初V。小嶋も懸命に粘るが、空いた内を突っ込んだ平原が2着に強襲。


trackbacks

trackbackURL: