2009年01月06日

立川競輪開設57周年記念 準決勝

初日、二日目と、後方からの捲り追込みやら交わしの交わし、直線大外一気にごぼう抜きなんてのがビシバシ決まって、買いづらいの何のって・・・。レースは面白いけど、難しいねぇ。

炸裂した新田祐大、佐藤友和の豪快な捲りや村上義弘の逃げ切り。
準決勝は、勝たなきゃいけない選手がきちんと勝ち上がり、なかなかの好レースが多かった。
決勝は、好調自力同士の細切れ戦。位置次第で誰にでもチャンスあり。考えれば考えるほど、難しいが、最終的に柴崎淳を加藤慎平が上手く操縦して主導権か東北のカマシからの2段駆けだろう。3番手、4番手に木暮安由か渡部哲男か村上義弘か・・・。

全日本選抜が悪かったから、割り引いて見てた渡部哲男、連日良い位置取っての仕掛け、車の伸びも良さそうで穴からの狙い目はここか。

よくよく考えれば、兵藤一也が付く木暮の先行も充分あるもんな。

trackbacks

trackbackURL: