2010年03月22日

いわき平競輪開設59周年記念決勝戦

2日目の優秀戦、地元勢5車で結束し、赤版前からのブンブン先行の鈴木謙太郎の番手から出て行くはずだったが、まんまと武田豊樹にやられた山崎芳仁。

決勝も地元4車で結束するが、また同じ作戦か?対する中近ラインも2段駆けだぞ。

何気に気配が良いのが鈴木と岩津裕介。穴狙いならここら辺かな。

岩津の地元分断はないと思うんだが・・・。

鈴木、倉野隆太郎でガンガンやり合うか、単騎の荻原尚人が中部分断して、そこを鈴木が一気に叩いて出るか。いずれにせよ、最終的には山崎、伏見で抜け出すと思う。

恐いのは、鈴木が一気に出た時、山崎千切れて倉野が番手に嵌った時。

trackbacks

trackbackURL: