2009年01月26日

手島慶介が死んだ・・・。

G1初制覇から1カ月…手島慶介さん急死

スポニチアネックスのこの記事のタイトルが目に飛び込んできて・・・目を疑う。

本当に残念としか言いようがない。

このブログでも何度も採り上げた、自在NO.1ガッツマン。

ラストランのSSカップみのり、もちろん手島から狙っていた。
結果は狙い通り、優勝。

忘れられないのは、宮杯の落車再乗のレース
あん時はホント驚いた。

死んだ車券を生き返らせたのは、後にも先にも手島だけ。

もう彼のガッツあふれる走りが見れない、狙い打ちが出来ない・・・ただただ残念です。

ありがとう手島慶介。


2007年02月13日

新田康仁 優勝! 静岡記念

地元の意地と執念でもぎ取ったなぁ。絶好調とは言え、無傷の4連勝は立派。おめでとう!レースもそれぞれが力を出して見応えのある内容だったと思う。村上義弘の仕掛けが早かったのと、長塚智広が番手から出るのが遅かったのが誤算だったが・・・。狙っていたのは、4番車の浦川尊明絡みの車券。長塚が狙われても、番手捲りでも恵まれて抜け出しそうな気がしてた。3コーナーの捲り合戦を力のある選手がこらえて直線向いたから及ばずだったけどね。優勝した新田の判断と動きは抜群だったけど、小嶋敬二もやっぱり強い。4日間先行した藤田竜矢、負け選キッチリ勝った手島慶介、地元3割り増しの伸び見せた村松浩章が印象深い。

2006年12月27日

吉岡稔真引退!

吉岡引退!グランプリがラストラン(スポニチアネックス)

全日本選抜を欠場した頃から噂になってましたが、まさかねぇ。

2006年06月03日

高松宮記念杯競輪  準決勝・・・内林久徳引退

準決勝終了後に内林久徳が引退表明したそうです。近畿屈指のガッツマーカー、失格、落車に泣かされ続け(客も)念願のG1全日本選抜決勝戦を制覇。今節も調子良く、まだまだ引退するには早いと思われますが・・・。地元G1失格のおまけ付きで引退、内林らしい引き際かな(笑)
お疲れ様でした。

準決は10Rのみ参戦。佐藤慎太郎、兵藤一也、合志正臣、武田豊樹の4車BOXで勝負。結果は武田の予想外の突っ張り先行に村本大輔の強襲で撃沈。

決勝戦も、山崎芳仁の先行一車みたいな形だ。目標無い村本、兵藤、2日目粘った井上 昌己が後位狙う可能性あり縺れるのは必至だ。3番手の岡部芳幸は自力が出てる分、狙われたら下げるだろう。山崎、慎太郎からと縺れた時の岡部の一発。穴で山口富雄を狙う。

2006年03月27日

ダービー一夜明けて・・・

スポーツ新聞の競輪欄には吉岡稔真を称えるコメントがズラリ、そして吉岡の男泣きにファンも泣いて、感動のフィナーレだったとか。
確かに動き良く絶好調だった吉岡、ダービー決勝という大舞台で、展開が向いたとは言え逃げ切っての優勝は立派。彗星のように現れ、破竹の勢いで勝っていた頃の彼を知っているファンにとっても嬉しいだろう。まぁ、18年競輪やってて初めてダービーの決勝を買わなかった私にとってはどうでもいい事だ。

2006年03月10日

村上義弘出陣!

明日から玉野競輪場で行われるG3瀬戸の王子杯に西王座決勝で金子貴志と激しい主導権争いを演じた村上が出場する。
あれだけ派手にやった村上に対して、他の自力選手がどういう戦いを挑むのか見ものだ。
11R出走表
村上、平原、井上の自力3車にラインが出来る3分戦になりそう。平原も力を付けてきたが、村上とやり合う根性は無さそう。井上は地元豊田が付けるだけに早めに発進する可能性あるが、先行では、力不足。村上が前受けからの組み立てで、早めに抑えてきたら引いてカマシか捲り、遅ければ突っ張って先行するだろう。
心配なのは、違反点多い加藤が番手に付く事。普通に走ればワンツー決まるだろうけど・・・。


スピードスケートの今井裕介が競輪転向表明したらしい。現在の武田豊樹の活躍を見れば誰かしら来るだろうとは思ってたけど・・・金メダリストの清水宏保がくれば競輪界も大喜びだったろうに。

村上義弘出陣!

明日から玉野競輪場で行われるG3瀬戸の王子杯に西王座決勝で金子貴志と激しい主導権争いを演じた村上が出場する。
あれだけ派手にやった村上に対して、他の自力選手がどういう戦いを挑むのか見ものだ。
11R出走表
村上、平原、井上の自力3車にラインが出来る3分戦になりそう。平原も力を付けてきたが、村上とやり合う根性は無さそう。井上は地元豊田が付けるだけに早めに発進する可能性あるが、先行では、力不足。村上が前受けからの組み立てで、早めに抑えてきたら引いてカマシか捲り、遅ければ突っ張って先行するだろう。
心配なのは、違反点多い加藤が番手に付く事。普通に走ればワンツー決まるだろうけど・・・。


スピードスケートの今井裕介が競輪転向表明したらしい。現在の武田豊樹の活躍を見れば誰かしら来るだろうとは思ってたけど・・・金メダリストの清水宏保がくれば競輪界も大喜びだったろうに。

2006年01月21日

雪競輪

関東地方も大雪、寒いしこんなんじゃ外に出らんないなぁ。
こんな日は、コタツに入って競輪やるべ。
ってんで、早速開催チェック!

2日目の大宮10R、永井中心のレースも穴開けそうな平沼が出てる!これは狙いたい!って思ってたら、7Rから中止に・・・

いろいろ眺めるも、結局最終日の平塚に参戦。
とは言え、2日間の競争を見ていないので、好不調分からず、ダイジェスト見ながら9Rから検討。
う〜ん・・・気持ち良く逃げそうな選手がいない。
混戦ならば、近況好成績手嶋、家田あたりが面白いか・・・
ありえねぇと思いつつも三槻を絡めた3連単BOX。
結果、手嶋-家田-岩見で決着、車券は外れたがあまりの酷さに笑ってしまった。
千切れたり、番手に違う選手が嵌ってたりと滅茶苦茶。
まぁ、雪とこの寒さじゃしょうがないか。

10Rも先行選手がいなく難解。
地元の加藤が売れるも怪しいもんだ。
展開は、加藤か飯尾が前取って、チンタラ走ってる所を愛知勢が一気に行くと見た。
ところが、加藤の番手で三浦が粘って、絶対行かないと思ってた飯尾が一気に行った。
加藤は飯尾の3番手内で粘り、またもや混戦に。
小林-滝川-加藤と入り2レース続けて10万車券。
これもちょと取れないなぁ。

決勝はまともなレースになるだろうとラインで狙ったが・・・
ここも一番逃げそうにない金成がカマシ、絶好の3番手に入った松本は捲れず、平塚相性がいい秋山が優勝かっさっらっていきましたとさ。

2005年09月19日

惜敗!金子貴志 【オールスター競輪決勝戦】

新制度導入に賛否両論あるだろうけど、そんな事よりもこんなつまらない決勝戦やってるようじゃ話になんねぇ。

まずは、松岡。
金子の後ろを回れば狙われるの分かってて番手行くことにしたんだろ?何とかしろ!て言うか何かやれよバカ!
お前のせいで金子は負けたようなもんだよ。

そして、慎太郎。
最終的に飛びつく狙いは分かったよ。
だけど、全然踏み遅れてるし、まるで飛びつけないじゃないか!!
みんな、お前と神山の番手戦予想してんだよ!

縺れる事を想定していただろう吉岡もまるで出番なし。
さくっと金子の番手を取れた神山だけがいい思い。

好調で落ち着いてレース出来た金子、ここ取れなかったのは痛いな。
俺も痛かったけど…

2005年08月14日

すごいぞハコ9!藤野光吉

先行選手のダッシュに付いて行けなくて千切れるなんてのは良くあるが・・・
ハコで3,4角まで来て、牽制するでもない、内掬われるでもない、普通に走ってて9着って、初めて見たよ(笑)

千切れるって予想してる人も多かったかだろうけど、武田-藤野で勝負した人は、ぶっ殺してやりたいくらいだろうなぁ。

2005年08月12日

復調山田裕仁

川崎サマーナイトフェスティバルから好気配だった山田、松戸記念初日のカマシといい今日の捲りといい、復調したようだ。
後輩の先行選手をさっさと捨てたりと非情なレースっぷりは有名だが、自力が復活した山田はやっぱり強い。
競輪界の悪役として、これからもがんばって欲しい。

その山田が捲り決めた11R、先行新田の番手を合志が内から競りかけ望月永悟を捌いた。
しかし、捲ってくる山田に何も出来ず、ゴール直前に落車。
この男との相性、ホント悪い。
ダービーの決勝もこいつだけはいらないと外せば3着に来るし、最近の調子の良さから、今日も連に絡むだろうと買えばこける。

やだやだ。

2005年07月24日

パワー先行!逃げ切り優勝!

取手記念でもその強さを発揮していた小嶋敬二。
今開催1度も先行を見せず、決勝で決めるとはにくい!

昨日のバンクレコード狙うだとか他の選手がゆっくり走ってる感じがする等の発言、このコメント見た時は何バカな事言ってんだと思ったが、本人相当自信があったんだな。

価値ある優勝おめでとう!

2005年07月21日

群馬抗争!後閑VS兵頭!

青森寛仁親王牌初日、全レース見しました。

好走+狙いたい選手を何人かピックアップ。
佐々木雄一、荒井崇弘、金子貴志、神山雄一郎。
特に荒井は抜群の出来、前走取手からの好調キープしているようです。

12R理事長杯では、武田、神山の後ろを後閑と兵頭がまたもや競り。誰が考えても意味の無い3番手競りですが、当事者間ではきっと何かあるんでしょう。
見てる分には面白いですけど、車券は買いたくないですね。

2005年07月05日

やられ内林、着無視追い上げ×。

小松島記念10R、準決勝Aから参戦。
調子が悪いは言え、先行力、テクニック共に一枚上の村上義弘が地元の若手三ツ石を巧く抑え、行く気満々。
地元勢に付けていた後閑が行けないと見るや、すかさず村上の番手をさくっと奪取。
遅れて3番手になった内林が最終回1Cで再度村上の番手へ追い上げるも後閑に2,3発もらって終わり。
これで、村上、内林、後閑の3連単BOX車券が消える。

この二人の小競り合いと仕掛け中途半端で内に詰まっていた石丸のおかげで、後方から地元勢が一気に捲る。
室井を絡めた車券も抑えていたが、三ツ石が頭とは…

マーク屋の意地もわからなく無いが、内林のあの追い上げはどう見ても無理だし、あの位置でやるなんてバカとしか思えない。
3番手からでも十分勝負になっただろうし、もう少し頭使って走って欲しい。
こちとら車券買ってんだから!

2005年06月21日

熊無能無根性無し!

本日、富山記念6Rから参戦。

地元中部地区4人のこのメンバー構成、誰がどう見ても地元熊無に負け選一勝プレゼント番組。

近畿勢が中団拘るようなら、2車の南関がインで粘る可能性がある事などファンでも分かる事。
当然地元の意地で番手は死守するものと思いきや、激しい競りも無く、まるで譲るかのようにあっさりと大木に番手奪われる。
大木の踏み方も巧かったが、それにしても情けないしバカだ。
車券が外れるにしても初っ端から物凄く気分悪い。

7,8R見して9R
格上齋藤人気も、ここは初日捲り決めた松井&今泉の愛知コンビから狙い気持ちよく的中。
気分良く10Rへ。
4車の南関、成清、高木の折り返しから3着総流しで厚めに。
自在NO.1ガッツマン手島、高木、成清のBOX、手島、高木、中井のBOXを抑えに。
打鐘過ぎ先行体制に入る澤田をホームから赤井がカマシて巻き返す。
1Cで成清、手島のブロック1発で撃沈、車券も見事撃沈。
手島ぁ〜そこはやらなくても・・・。
気絶しそうだ。

2005年06月01日

やるき満々、後閑VS兵藤

明日から第56回高松宮記念杯競輪開催です!
毎年、この時期あたりから車券の方も調子が良くなってくるので楽しみ。
昨年のように、6点で20万車券取れれば最高なんですけどね!

共同インタビュー見ると、12R青龍賞で、群馬の後閑信一と兵藤一也が武田豊樹の番手を巡って競るとか。
きっと、後閑は相当腹立ってるでしょうねぇ。
やるからには、本気でとことん競って貰いたいです。

2005年05月25日

2段駆けから丸山優勝!平塚F1

めったに決まらない南関の2段駆けが決まり、丸山啓一が平塚F1ナイター優勝。
通常の競輪ならいつものように失敗しただろうが、競走得点に関係ない協賛競輪という事もあって、前を走る山内大作の仕掛けの早い事。
3番手の地元渡邊秀明があわや千切れる程の猛ダッシュで鐘からブンブン先行。
2日間好走していた吉田敏洋、岡田征陽は共に何も出来ずでした。

優勝インタビューの前に何故か浴衣を着ていた丸山。
チラッと見ただけなので意味が良くわからなかったが、何をしたかったのだろう?
波多陽区のモノマネでもしてたのか?

2004年11月10日

お前一人で競輪やってんじゃねえぞ!

奈良Sシ決勝戦。
後ろの事をまるで考えてないかの様な走りをする加藤慎平。
昨日の準決とまるっきり同じで、他ラインの間に斜めに割って入る走り方。
危ないからマジでやめろ!
後ろは離れるし、間割られた方だって接触避ける為に一歩引く。
わざわざ狭いとこ入っていかないで、外から行けよ。そのぐらいの足持ってんだろ?
しかも、わざと自分のケツ競らせて、差されてんじゃどうしようもない。
この先、危なっかしくて加藤の走るレースは買えないわ。